わんくま同盟 Blog's

わんくま同盟

メニュー

わんくま同盟

  勉強会情報

  メンバリスト

掲示板

ブログ

リンク

統計

わんくま同盟メンバ

わんくま同盟わんくま同盟

わんくま同盟メンバの最新の記事

[Kinect]愛和小学校の「i和design」に参加してきました。

WP_20141122_005

KinebrickEV3の最新バージョン(明日からストアでダウンロード可能になる予定です)をもって愛和小学校の「i和design」に参加してきました。

今回はSurface Pro 3をお借りして、Kinect fow Windows v2との間はUSB3.0接続、LEGO MINDSTORM EV3との間はWiFi接続という接続形態にしました。

https://drive.google.com/file/d/0ByMGrBrxpX_BQ0s2a2JUZm1wRlU/view

 

10時から設営を開始して、11時半に1年生と2年生がクラスごとにまとまって会場に到着。

自分の姿が映ってそこに情報が加味された映像がみられるというのは子供たちのハートをがっちりキャッチ。

 

他校の先生とお話しての気づきとして、KinebrickEV3のように自分の体の動きに同調してEV3が動くことで、子供たちは自分たちの体の動きを客観視できるのではないか、たとえば、KinebrickEV3は腕の前後位置をかなり厳密に取得しているので前進も後進もしないポイントがすごく狭いのですがその位置を体感することで自分がその位置をキープするときに筋肉の使い方を理解で、そうすると色々客観視ができるようになって上手く運動できるようになるという流れがつくれるかもというものがありました。

これは作った本人も気づかなかった新たな可能性かもしれませんね。

posted @ 2014/11/22 21:39 by 初音 玲

[VC++] VS2015 Preview のC++機能一覧

ネタ元:C++11/14/17 Features In VS 2015 Preview

C++11/14/17 のいろんな機能の対応表です。

それ以上でもそれ以下でもないw

posted @ 2014/11/19 11:02 by とっちゃん

[Azure]Mobile Serviceで自動的に列を追加させない設定

Microsoft Azure Mobile Servicesはコードファーストなのでデータ更新時にDB上にない列を指定すると自動的に列を追加してくれます。

これはこれで便利なのですが、コード側が間違えていて意図しない列が追加されてしまうという事も考えられるので、保存項目の変更がないときは自動的に列を追加しないように設定しておくのがよいでしょう。

 

設定は、Azureの管理ポータルに入って、設定したいMobile Serviceを選択してから構成メニューに移動すると「動的スキーマー」という項目があるので、これを「オフ」にすれば列が追加されません。

image

動的スキーマーのヒントにも「アプリケーションが稼働状態になったらオフにすることを検討してください。」とありますね。

 

これをオフにできることを知っているとインフラ屋さん的にもMobile Serviceを使う事にOKだしやすいですね。

posted @ 2014/11/17 3:33 by 初音 玲

[RealSense]Congratulations! You are a Phase 1 Finalist!

IntelR RealSense? App Challenge 2014に参加しているのですが、無事、アイデア予選であるPhase 1を通過しました。

今後の予定としては

Portal Opens for Demo Submissions December 5, 2014     12:00 a.m. GMT
Early Demo Submission Deadline December 17, 2014   11:59 p.m. GMT
Final Demo Submission Deadline February 13, 2015     11:59 p.m. GMT

という感じのようです。

複数のアイデアだしていたのでどれが通ったのかと思ったら、将来的にコンテスト用のUser Profileに反映されるという事なので現時点ではまだ分からないみたい(笑)。

 

来週にはIntel RealSenseのDevKitが送られてくるようです。楽しみですね。

posted @ 2014/11/16 7:19 by 初音 玲

恒例のTDD道場

今日は状態を持つクラスをTDDするには?

参考資料:Codezineのbiacさんの記事#10

posted @ 2014/11/15 13:32 by まーる

お昼はLT

今日はbiacさんのみ

そろそろ次回くらいやるかな。

posted @ 2014/11/15 13:07 by まーる

トップはbiacさん

写真は後で貼る予定。

今日はMVP受賞記念でものづくりの半世紀だそうです。

posted @ 2014/11/15 11:16 by まーる

またまた更新してなくてスンマソン。今日はわんくま名古屋N33

いつものごとく更新できてなくてすんまそん

昨日T420sのファン交換したとかそういうの写真とってUpすりゃいいんだよなぁ。とか思いながら・・・。
#いつもおもむろに作業始めるから記録とるのを忘れてしまうのよ!!

今日はわんくま名古屋N33!

浄心まで車で来てみた。

posted @ 2014/11/15 11:13 by まーる

[VisualStudio]Visual Studio Community 2013の日本語紹介ページに重大な記述漏れ

日本語:
http://www.microsoft.com/ja-jp/dev/products/community.aspx
英語:

http://www.visualstudio.com/products/visual-studio-community-vs

 

この日本語ページのVisual Studio Community製品比較で、Visual Studio Communityが合致するユーザとして以下の4つが挙げられています。

  • 大学関係者
  • 非営利団体従事者
  • オープン ソース開発者
  • 開発者 5 名以下の中小企業

英語の原文の方を見てみるとこの記述は「Q: How does Visual Studio Community 2013 compare to other Visual Studio editions?」の回答から持ってきているようです。

これだけみると開発者6名上の企業にはなんとメリットもないように思えます。

しかし「開発者5名以下の中小企業」というのは原文では「利用者が5名以下の企業」となっており厳密には中小企業という限定ではありません。

 

さらに、先ほどのQの直前にある次の文章については日本語訳ではとりあげらえていませんが、重大なことが記載されています。

---

Here’s how individual developers can use Visual Studio Community:

  • Any individual developer can use Visual Studio Community to create their own free or paid apps.

Here’s how Visual Studio Community can be used in organizations:

  • An unlimited number of users within an organization can use Visual Studio Community for the following scenarios: in a classroom learning environment, for academic research, or for contributing to open source projects.
  • For all other usage scenarios: In non-enterprise organizations, up to 5 users can use Visual Studio Community. In enterprise organizations (meaning those with >250 PCs or > $1MM in annual revenue), no use is permitted beyond the open source, academic research, and classroom learning environment scenarios described above.

    ---

    たしかに1つ目はindividual developerつまり個人開発者などが無償アプリも有償アプリも作れるという内容ですが、2つ目は「An unlimited number of users within an organization 」となっており人数に関係なく次の用途では使用できるとあります。

    1. classroom learning environment
    2. for academic research
    3. or for contributing to open source projects

    つまり

    1. 企業内での教室を使った教育
    2. 学術研究
    3. OSS開発

    にはつかえるということです。

    3番目によればエンタープライズ企業(保有PCが250台より多い、または、年間収益が1MM(=$1,000,000)より多い)は上記3つに限定するとあります。これだけ読むと一見同じことをもう一度言っているようですが、「開発者5名以下の中小企業」という日本語訳が「利用者が5名以下の非エンタプライズ企業」と理解すると、ここでエンタープライズ企業とはの定義がかかれていることがわかります。

     

    このように日本語訳はマイクロソフト本社の思いを伝え損ねていますので、早急な改善が必要です。

    --(追記)--

    要約すると次の通り。

    • 企業以外の個人開発者であれば、用途を限らず(有償アプリも可)利用できます。
    • 保有PCが250台以下、または、年間収益が$1,000,000以下の企業であれば、用途を限らず5名まで利用できます。
    • それ以上の規模の企業においては、(使用人数が5名以下でも)教室での教育、学術研究、OSS開発の用途以外にはお使いいただけません。

    posted @ 2014/11/13 8:48 by 初音 玲

    [.NET].NETオープンソースプロジェクトが開始されました。(追記しました)

    .NET Opensource Project

    .NET Frameworkの次のコンポーネントについてgithubとCodePlexでソースコードが公開されました。

    .NET Core 5

    System.Collections.Immutable

    System.Numerics.Vectors

    System.Reflection.Metadata

    System.Xml.Common/System

    System.Xml.XDocument

    System.Xml.XPath.XDocument

    System.Xml.XPath.XmlDocument

    System.Xml.XPath

    System.Xml.XmlDocument

    その他の部分についても「More is coming soon. Stay tuned!」ということなので、まずは第一弾といったところですね。

    .NET Reference Source

    .NET Coreで公開されているところすくないなーと思っていたらそれ以外にも.NET Referemce Sourceとして公開されているライブラリがありました。.NET Core + .NET Frameworkがオープンソースになったと言われている足し算の後半部分ですね。

    System.Core

    System.Xml.Linq/System/Xml/Linq

    System.Xml

    System

    mscorlib

    この中でもmscorlibにはかなり色々なライブラリが含まれています。

    dirした結果を貼っておきますが、すごいですね。

    mscorlib\system\security\securitystate.cs
    mscorlib\system\security\securityzone.cs
    mscorlib\system\security\util
    mscorlib\system\security\verificationexception.cs
    mscorlib\system\security\xmlsyntaxexception.cs
    mscorlib\system\security\accesscontrol\ace.cs
    mscorlib\system\security\accesscontrol\acl.cs
    mscorlib\system\security\accesscontrol\commonobjectsecurity.cs
    mscorlib\system\security\accesscontrol\cryptokeysecurity.cs
    mscorlib\system\security\accesscontrol\directoryobjectsecurity.cs
    mscorlib\system\security\accesscontrol\enums.cs
    mscorlib\system\security\accesscontrol\eventwaithandlesecurity.cs
    mscorlib\system\security\accesscontrol\filesecurity.cs
    mscorlib\system\security\accesscontrol\mutexsecurity.cs
    mscorlib\system\security\accesscontrol\nativeobjectsecurity.cs
    mscorlib\system\security\accesscontrol\objectsecurity.cs
    mscorlib\system\security\accesscontrol\objectsecurityt.cs
    mscorlib\system\security\accesscontrol\privilege.cs
    mscorlib\system\security\accesscontrol\privilegenotheldexception.cs
    mscorlib\system\security\accesscontrol\registrysecurity.cs
    mscorlib\system\security\accesscontrol\rules.cs
    mscorlib\system\security\accesscontrol\securitydescriptor.cs
    mscorlib\system\security\accesscontrol\win32.cs
    mscorlib\system\security\claims\Claim.cs
    mscorlib\system\security\claims\ClaimsIdentity.cs
    mscorlib\system\security\claims\ClaimsPrincipal.cs
    mscorlib\system\security\claims\ClaimTypes.cs
    mscorlib\system\security\claims\ClaimValueTypes.cs
    mscorlib\system\security\claims\RoleClaimProvider.cs
    mscorlib\system\security\cryptography\aes.cs
    mscorlib\system\security\cryptography\asymmetricalgorithm.cs
    mscorlib\system\security\cryptography\asymmetrickeyexchangedeformatter.c
    s
    mscorlib\system\security\cryptography\asymmetrickeyexchangeformatter.cs
    mscorlib\system\security\cryptography\asymmetricsignaturedeformatter.cs
    mscorlib\system\security\cryptography\asymmetricsignatureformatter.cs
    mscorlib\system\security\cryptography\base64transforms.cs
    mscorlib\system\security\cryptography\crypto.cs
    mscorlib\system\security\cryptography\cryptoapitransform.cs
    mscorlib\system\security\cryptography\cryptoconfig.cs
    mscorlib\system\security\cryptography\cryptostream.cs
    mscorlib\system\security\cryptography\derivebytes.cs
    mscorlib\system\security\cryptography\des.cs
    mscorlib\system\security\cryptography\descryptoserviceprovider.cs
    mscorlib\system\security\cryptography\dsa.cs
    mscorlib\system\security\cryptography\dsacryptoserviceprovider.cs
    mscorlib\system\security\cryptography\dsasignaturedeformatter.cs
    mscorlib\system\security\cryptography\dsasignatureformatter.cs
    mscorlib\system\security\cryptography\hashalgorithm.cs
    mscorlib\system\security\cryptography\hmac.cs
    mscorlib\system\security\cryptography\hmacmd5.cs
    mscorlib\system\security\cryptography\hmacripemd160.cs
    mscorlib\system\security\cryptography\hmacsha1.cs
    mscorlib\system\security\cryptography\hmacsha256.cs
    mscorlib\system\security\cryptography\hmacsha384.cs
    mscorlib\system\security\cryptography\hmacsha512.cs
    mscorlib\system\security\cryptography\icryptotransform.cs
    mscorlib\system\security\cryptography\icspasymmetricalgorithm.cs
    mscorlib\system\security\cryptography\keyedhashalgorithm.cs
    mscorlib\system\security\cryptography\mactripledes.cs
    mscorlib\system\security\cryptography\maskgenerationmethod.cs
    mscorlib\system\security\cryptography\md5.cs
    mscorlib\system\security\cryptography\md5cryptoserviceprovider.cs
    mscorlib\system\security\cryptography\passwordderivebytes.cs
    mscorlib\system\security\cryptography\pkcs1maskgenerationmethod.cs
    mscorlib\system\security\cryptography\randomnumbergenerator.cs
    mscorlib\system\security\cryptography\rc2.cs
    mscorlib\system\security\cryptography\rc2cryptoserviceprovider.cs
    mscorlib\system\security\cryptography\rfc2898derivebytes.cs
    mscorlib\system\security\cryptography\rijndael.cs
    mscorlib\system\security\cryptography\rijndaelmanaged.cs
    mscorlib\system\security\cryptography\rijndaelmanagedtransform.cs
    mscorlib\system\security\cryptography\ripemd160.cs
    mscorlib\system\security\cryptography\ripemd160managed.cs
    mscorlib\system\security\cryptography\rngcryptoserviceprovider.cs
    mscorlib\system\security\cryptography\rsa.cs
    mscorlib\system\security\cryptography\rsacryptoserviceprovider.cs
    mscorlib\system\security\cryptography\rsaoaepkeyexchangedeformatter.cs
    mscorlib\system\security\cryptography\rsaoaepkeyexchangeformatter.cs
    mscorlib\system\security\cryptography\rsapkcs1keyexchangedeformatter.cs
    mscorlib\system\security\cryptography\rsapkcs1keyexchangeformatter.cs
    mscorlib\system\security\cryptography\rsapkcs1signaturedeformatter.cs
    mscorlib\system\security\cryptography\rsapkcs1signatureformatter.cs
    mscorlib\system\security\cryptography\safecryptohandles.cs
    mscorlib\system\security\cryptography\sha1.cs
    mscorlib\system\security\cryptography\sha1cryptoserviceprovider.cs
    mscorlib\system\security\cryptography\sha1managed.cs
    mscorlib\system\security\cryptography\sha256.cs
    mscorlib\system\security\cryptography\sha256managed.cs
    mscorlib\system\security\cryptography\sha384.cs
    mscorlib\system\security\cryptography\sha384managed.cs
    mscorlib\system\security\cryptography\sha512.cs
    mscorlib\system\security\cryptography\sha512managed.cs
    mscorlib\system\security\cryptography\signaturedescription.cs
    mscorlib\system\security\cryptography\symmetricalgorithm.cs
    mscorlib\system\security\cryptography\tripledes.cs
    mscorlib\system\security\cryptography\tripledescryptoserviceprovider.cs
    mscorlib\system\security\cryptography\utils.cs
    mscorlib\system\security\cryptography\x509certificates
    mscorlib\system\security\cryptography\x509certificates\safex509handles.c
    s
    mscorlib\system\security\cryptography\x509certificates\x509certificate.c
    s
    mscorlib\system\security\cryptography\x509certificates\x509utils.cs
    mscorlib\system\security\permissions\environmentpermission.cs
    mscorlib\system\security\permissions\filedialogpermission.cs
    mscorlib\system\security\permissions\fileiopermission.cs
    mscorlib\system\security\permissions\gacidentitypermission.cs
    mscorlib\system\security\permissions\hostprotectionpermission.cs
    mscorlib\system\security\permissions\ibuiltinpermission.cs
    mscorlib\system\security\permissions\isolatedstoragefilepermission.cs
    mscorlib\system\security\permissions\isolatedstoragepermission.cs
    mscorlib\system\security\permissions\iunrestrictedpermission.cs
    mscorlib\system\security\permissions\keycontainerpermission.cs
    mscorlib\system\security\permissions\permissionattributes.cs
    mscorlib\system\security\permissions\permissionstate.cs
    mscorlib\system\security\permissions\principalpermission.cs
    mscorlib\system\security\permissions\publisheridentitypermission.cs
    mscorlib\system\security\permissions\reflectionpermission.cs
    mscorlib\system\security\permissions\registrypermission.cs
    mscorlib\system\security\permissions\securitypermission.cs
    mscorlib\system\security\permissions\siteidentitypermission.cs
    mscorlib\system\security\permissions\strongnameidentitypermission.cs
    mscorlib\system\security\permissions\strongnamepublickeyblob.cs
    mscorlib\system\security\permissions\uipermission.cs
    mscorlib\system\security\permissions\urlidentitypermission.cs
    mscorlib\system\security\permissions\zoneidentitypermission.cs
    mscorlib\system\security\policy\allmembershipcondition.cs
    mscorlib\system\security\policy\appdomainevidencefactory.cs
    mscorlib\system\security\policy\applicationdirectory.cs
    mscorlib\system\security\policy\applicationdirectorymembershipcondition.
    cs
    mscorlib\system\security\policy\applicationsecurityinfo.cs
    mscorlib\system\security\policy\applicationsecuritymanager.cs
    mscorlib\system\security\policy\applicationtrust.cs
    mscorlib\system\security\policy\assemblyevidencefactory.cs
    mscorlib\system\security\policy\codegroup.cs
    mscorlib\system\security\policy\evidence.cs
    mscorlib\system\security\policy\evidencebase.cs
    mscorlib\system\security\policy\evidencetypedescriptor.cs
    mscorlib\system\security\policy\filecodegroup.cs
    mscorlib\system\security\policy\firstmatchcodegroup.cs
    mscorlib\system\security\policy\gac.cs
    mscorlib\system\security\policy\gacmembershipcondition.cs
    mscorlib\system\security\policy\hash.cs
    mscorlib\system\security\policy\hashmembershipcondition.cs
    mscorlib\system\security\policy\iapplicationtrustmanager.cs
    mscorlib\system\security\policy\iconstantmembershipcondition.cs
    mscorlib\system\security\policy\idelayevaluatedevidence.cs
    mscorlib\system\security\policy\iidentitypermissionfactory.cs
    mscorlib\system\security\policy\imembershipcondition.cs
    mscorlib\system\security\policy\iruntimeevidencefactory.cs
    mscorlib\system\security\policy\netcodegroup.cs
    mscorlib\system\security\policy\pefileevidencefactory.cs
    mscorlib\system\security\policy\permissionrequestevidence.cs
    mscorlib\system\security\policy\policyexception.cs
    mscorlib\system\security\policy\policylevel.cs
    mscorlib\system\security\policy\policystatement.cs
    mscorlib\system\security\policy\publisher.cs
    mscorlib\system\security\policy\publishermembershipcondition.cs
    mscorlib\system\security\policy\site.cs
    mscorlib\system\security\policy\sitemembershipcondition.cs
    mscorlib\system\security\policy\strongname.cs
    mscorlib\system\security\policy\strongnamemembershipcondition.cs
    mscorlib\system\security\policy\unioncodegroup.cs
    mscorlib\system\security\policy\url.cs
    mscorlib\system\security\policy\urlmembershipcondition.cs
    mscorlib\system\security\policy\zone.cs
    mscorlib\system\security\policy\zonemembershipcondition.cs
    mscorlib\system\security\principal\genericidentity.cs
    mscorlib\system\security\principal\genericprincipal.cs
    mscorlib\system\security\principal\identitynotmappedexception.cs
    mscorlib\system\security\principal\identityreference.cs
    mscorlib\system\security\principal\iidentity.cs
    mscorlib\system\security\principal\iprincipal.cs
    mscorlib\system\security\principal\ircollection.cs
    mscorlib\system\security\principal\ntaccount.cs
    mscorlib\system\security\principal\principalpolicy.cs
    mscorlib\system\security\principal\sid.cs
    mscorlib\system\security\principal\tokenaccesslevels.cs
    mscorlib\system\security\principal\tokenimpersonationlevel.cs
    mscorlib\system\security\principal\win32.cs
    mscorlib\system\security\principal\windowsidentity.cs
    mscorlib\system\security\principal\windowsimpersonationcontext.cs
    mscorlib\system\security\principal\windowsprincipal.cs
    mscorlib\system\security\util\config.cs
    mscorlib\system\security\util\hex.cs
    mscorlib\system\security\util\parser.cs
    mscorlib\system\security\util\sitestring.cs
    mscorlib\system\security\util\stringexpressionset.cs
    mscorlib\system\security\util\tokenbasedset.cs
    mscorlib\system\security\util\tokenbasedsetenumerator.cs
    mscorlib\system\security\util\tokenizer.cs
    mscorlib\system\security\util\urlstring.cs
    mscorlib\system\security\util\xmlutil.cs
    mscorlib\system\text\asciiencoding.cs
    mscorlib\system\text\basecodepageencoding.cs
    mscorlib\system\text\codepageencoding.cs
    mscorlib\system\text\dbcscodepageencoding.cs
    mscorlib\system\text\decoder.cs
    mscorlib\system\text\decoderbestfitfallback.cs
    mscorlib\system\text\decoderexceptionfallback.cs
    mscorlib\system\text\decoderfallback.cs
    mscorlib\system\text\decodernls.cs
    mscorlib\system\text\decoderreplacementfallback.cs
    mscorlib\system\text\encoder.cs
    mscorlib\system\text\encoderbestfitfallback.cs
    mscorlib\system\text\encoderexceptionfallback.cs
    mscorlib\system\text\encoderfallback.cs
    mscorlib\system\text\encodernls.cs
    mscorlib\system\text\encoderreplacementfallback.cs
    mscorlib\system\text\encoding.cs
    mscorlib\system\text\encodinginfo.cs
    mscorlib\system\text\encodingnls.cs
    mscorlib\system\text\eucjpencoding.cs
    mscorlib\system\text\gb18030encoding.cs
    mscorlib\system\text\isciiencoding.cs
    mscorlib\system\text\iso2022encoding.cs
    mscorlib\system\text\latin1encoding.cs
    mscorlib\system\text\mlangcodepageencoding.cs
    mscorlib\system\text\normalization.cs
    mscorlib\system\text\sbcscodepageencoding.cs
    mscorlib\system\text\stringbuilder.cs
    mscorlib\system\text\stringbuildercache.cs
    mscorlib\system\text\surrogateencoder.cs
    mscorlib\system\text\unicodeencoding.cs
    mscorlib\system\text\utf32encoding.cs
    mscorlib\system\text\utf7encoding.cs
    mscorlib\system\text\utf8encoding.cs
    mscorlib\system\threading\abandonedmutexexception.cs
    mscorlib\system\threading\apartmentstate.cs
    mscorlib\system\threading\autoresetevent.cs
    mscorlib\system\threading\CancellationToken.cs
    mscorlib\system\threading\CancellationTokenRegistration.cs
    mscorlib\system\threading\CancellationTokenSource.cs
    mscorlib\system\threading\CDSsyncETWBCLProvider.cs
    mscorlib\system\threading\compressedstack.cs
    mscorlib\system\threading\CountdownEvent.cs
    mscorlib\system\threading\eventresetmode.cs
    mscorlib\system\threading\eventwaithandle.cs
    mscorlib\system\threading\executioncontext.cs
    mscorlib\system\threading\hostexecutioncontextmanager.cs
    mscorlib\system\threading\interlocked.cs
    mscorlib\system\threading\iobjecthandle.cs
    mscorlib\system\threading\LazyInitializer.cs
    mscorlib\system\threading\lockcookie.cs
    mscorlib\system\threading\lockrecursionexception.cs
    mscorlib\system\threading\manualresetevent.cs
    mscorlib\system\threading\ManualResetEventSlim.cs
    mscorlib\system\threading\monitor.cs
    mscorlib\system\threading\mutex.cs
    mscorlib\system\threading\overlapped.cs
    mscorlib\system\threading\parameterizedthreadstart.cs
    mscorlib\system\threading\readerwriterlock.cs
    mscorlib\system\threading\semaphorefullexception.cs
    mscorlib\system\threading\SemaphoreSlim.cs
    mscorlib\system\threading\sendorpostcallback.cs
    mscorlib\system\threading\SpinLock.cs
    mscorlib\system\threading\SpinWait.cs
    mscorlib\system\threading\synchronizationcontext.cs
    mscorlib\system\threading\synchronizationlockexception.cs
    mscorlib\system\threading\Tasks
    mscorlib\system\threading\thread.cs
    mscorlib\system\threading\threadabortexception.cs
    mscorlib\system\threading\threadinterruptedexception.cs
    mscorlib\system\threading\ThreadLocal.cs
    mscorlib\system\threading\threadpool.cs
    mscorlib\system\threading\threadpriority.cs
    mscorlib\system\threading\threadstart.cs
    mscorlib\system\threading\threadstartexception.cs
    mscorlib\system\threading\threadstate.cs
    mscorlib\system\threading\threadstateexception.cs
    mscorlib\system\threading\timeout.cs
    mscorlib\system\threading\timer.cs
    mscorlib\system\threading\volatile.cs
    mscorlib\system\threading\waithandle.cs
    mscorlib\system\threading\waithandlecannotbeopenedexception.cs
    mscorlib\system\threading\Tasks\AsyncCausalityTracer.cs
    mscorlib\system\threading\Tasks\BeginEndAwaitableAdapter.cs
    mscorlib\system\threading\Tasks\ConcurrentExclusiveSchedulerPair.cs
    mscorlib\system\threading\Tasks\Future.cs
    mscorlib\system\threading\Tasks\FutureFactory.cs
    mscorlib\system\threading\Tasks\IAsyncCausalityTracerStatics.cs
    mscorlib\system\threading\Tasks\Parallel.cs
    mscorlib\system\threading\Tasks\ParallelLoopState.cs
    mscorlib\system\threading\Tasks\ParallelRangeManager.cs
    mscorlib\system\threading\Tasks\ProducerConsumerQueues.cs
    mscorlib\system\threading\Tasks\Task.cs
    mscorlib\system\threading\Tasks\TaskCanceledException.cs
    mscorlib\system\threading\Tasks\TaskCompletionSource.cs
    mscorlib\system\threading\Tasks\TaskContinuation.cs
    mscorlib\system\threading\Tasks\TaskExceptionHolder.cs
    mscorlib\system\threading\Tasks\TaskFactory.cs
    mscorlib\system\threading\Tasks\TaskScheduler.cs
    mscorlib\system\threading\Tasks\TaskSchedulerException.cs
    mscorlib\system\threading\Tasks\TaskToApm.cs
    mscorlib\system\threading\Tasks\ThreadPoolTaskScheduler.cs
    mscorlib\system\threading\Tasks\TPLETWProvider.cs

    posted @ 2014/11/13 2:52 by 初音 玲

    [VisualStudio]VS拡張もつかえるVisual Studio無料版が公開されました

    個人開発者やNPOなどBizSparkの要件がカバーできない範囲も網羅できる無償のVisual StudioであるVisual Studio Community 2013が公開されました。

    http://www.visualstudio.com/ja-jp/products/visual-studio-community-vs

     

    従来のExpressと違い、VS拡張が使えるので、Apache Cordovaも使えますし、Unity拡張なども導入することもできます。もちろん、XamarinのVS拡張も(Xamarin有償版が必要ですが)入れられます。

    あとは、Expressみたいに細かく分かれてないので便利ですね。

    posted @ 2014/11/13 1:21 by 初音 玲

    [GlobalSummit2014]シアトル Day 4 (last day)

    楽しかったグローバルサミットも昨夜のAttendee Partyでひとまず幕を下ろして本日から延長戦。

    どうも現地の雰囲気だとこの延長戦もかなりよさそうなのですが飛行機の変更とかはできないので後ろ髪をひかれながら帰国に向けての移動開始です。

    WP_20141106_010

     

    いつものようにホテルをチェックアウトして、テクテクと560ルートのバスが出発するバスターミナルに徒歩で移動です。

    WP_20141106_011

    時刻表の時刻の並べ方もちょっと日本とは違いますよね。到着したのが7:40だったので5分前に出たばかり。次は8:05ですね。

     

    ホテルのあるベルビューは雨でしたが、移動と共に天候が回復してダコマにある空港に着いた時にはいい天気になっていました。

    WP_20141106_014

     

    シアトル最後の食事といえば、やはりこれ!

    空港の無料WiFiにつないだSurface 2でSNSやメールをチェックしつつのクラムチャウダーです。

    WP_20141106_017

     

    帰りの機内では、テレビドキュメンタリーの「世界の通学路」をみましたが、これ日本の小学校でも見たらいいんじゃないかな?
    変に感想とかいいあってこじんまりとした分かった感にするんじゃなくて「おうちの人に話をして、おうちの人に感想を聞いてこよう」みたいなそういった感じで、人に話し伝えるという流れ込みで。

     

    そして最後は成田空港では初体験となるバスでの移動。

    WP_20141107_001

    移動した先にはツアー組がのっている先発したデルタ便が。

    なので、そのあとの空港内ルートはいつもの通り。さくさくっと再入国手続きをして荷物を受け取って日本かえってきたーっ!

     

    今回のグロサミは、いつにもまして充実した内容でした。

    サティア新CEOということによる「新マイクロソフト」という風なのかなとも思ったのですが、グロサミ自体の雰囲気は特に変わりなく、そう考えると「変わった」「変わった」といわれているマイクロソフトの変わりっぷりは元々の土壌の上で花開いたということであり、それは一過性の変化ではなくなるべくしてなった骨太な計画的な変わりようであり、サティア新CEOによる変革はトップダウン変革というよりもひそかに既存の服装の下に着替えていた新コスチュームを新CEOの合図により見せはじめただけなのかもしれないと思えます。

    さらに、何かの大きなイベントで「One more things」と目玉として発表するのではなく、準備が整い次第、どんどん施策が打たれていく今後のマイクロソフトの流れはMVPですらすべてを追従することは難しくなるくらいのスピード感が生じる期間すら生じそうな予感です。

    あと、言語系MVPでしたが、言語系の新機能よりもWindows Platform Developerカテゴリのように具体的に何かを作るカテゴリのセッションの方がワクワク感があり、もしかしたら(というかまあ初受賞時にはなかったカテゴリですが)本当に自分にぴったりのカテゴリってこっちなのかななどと、セッション内容以外にも色々気づきの多いMVP Global Summit 2014でした。

    また、来年もレドモンドで皆さんと再会したしたいし、新しい人とも会いたいと決意してレポートを〆たいと思います。

    posted @ 2014/11/08 23:15 by 初音 玲

    [GlobalSummit2014]シアトル Day 3

    いよいよセッション受講最終日、今回のサミットでは明日も有意義な内容があったので正直失敗した感があります。

    でもDay 4のセッションに出ると飛行機が当日はなくて延泊になることもあり例年はそんなことなかったんですが、これももしかしたらサティア効果なのでしょうか。来年以降はDay 4も参加できるように調整しようかな。

     

    WP_20141105_003

     

    WP_20141105_008

     

    Day 3の夜は、Attendee Partyです。Google Fire phoneの発表が行われた場所での開催でした。

    例年だとスタジアムとかなのですが、まだシーズン中なので使えなかったようです。

    WP_20141105_015

    いつものような会場も面白いですが、屋内でダンスしやすい今回みたいな会場もおもしろいですね。

     

    さて、たくさん充電したし、NDAがとけるまで熟成させたいノウハウもみつけたし、また、来年これるようにいろいろやっていきたいですね。

    posted @ 2014/11/06 23:25 by 初音 玲

    [VisualStudio]Netduinoをつないでみよう

    .NET Micro Frameworkの導入

    https://netmf.codeplex.com/releases/view/133285

    このサイトから最新版のzipをダウンロードしたら、そこから2つのファイルを実行します。

    1つ目は、MicroFrameworkSDK.MSI。これでSDK本当をインストールします。

    image

     

    もう1つは、netmfvs2013.vsix。使っているVisual Studioに応じたvsixを実行することでVS拡張が行われて、テンプレートを始め様々な便利機能が追加されます。

    image

     

    image

    image

    Netduino SDKの導入

    http://forums.netduino.com/index.php?/topic/10201-experimental-visual-studio-2013-support/

    Netduino SDK v4.3.1 for VS 2013 (experimental)

    image

     

    これで準備は完了です。NetduinoにUSBと9V電源を指して、USBをPCにつないだらVisual Studioからデプロイ先がNetduinoになりますし、リモートデバッグなども可能です。すごく便利ですよ。

    posted @ 2014/11/06 9:39 by 初音 玲

    [GlobalSummit2014]シアトル Day 2

    WP_20141104_003

    ベーコン&ポテトのおいしさに一気に目が覚めた初音です。Day 2が始まります(そして書いている今は終わります)。

    本日は自分のコンピテンシーである言語系を離れて、朝からWindows Platform Developerのセッションに参加です。

     

    なんか言語系よりもセッションがしっくりくる私のコンピテンシーってもしかしてココ?とか思わざるを得ませんが、クライアントもセンサーもクラウドもカバーしているコンピテンシーは実は言語系なんどす。その言語を使って複数の適用範囲開発が評価されるのが言語系のいいところですね。

     

    さて、今回受講したセッションの中で興味深い内容をはなしていただけていたスピーカーの人にColoris (前回のグローバルサミットのMVP Showcaseで優勝したアプリ)を一緒に作ったみつばたん、つもりんと一緒に『テーマカラーとか不得意なデベロッパーなために作ったアプリなんだとアピールしてきました。

    http://channel9.msdn.com/Events/Speakers/dave-crawford

    スピーカー紹介見るとすごい人だったと改めて思ったり。こういった人に直接フィードバックできるのがグローバルサミットに参加する特典ですね。

     

    その次のセッションでは一転して世界中のMVPからきつい質問をされてスピーカーしていた担当者さんは正直涙目になっていたり。

    もちろん、時々は「この機能どうかな」「うぉぉすげー」とかもあるのでその時だけは笑顔だけど、その反応に気を許しているとまた「どういうことや?」という感じのしっぺ返しがきたりとなかなか浮き沈みの激しいセッションでした。

    セッションにでるということは、その製品に興味があったり愛用していたりする訳なので、担当者と対等以上の見識と製品藍があるので、スピーカー役の人も大変よねぇと。

     

    ところで、キャンパスの無料飲み物コーナーにあるこのティバックのお茶が好きだったりします。

    WP_20141104_009

     

    そして、Day 2の最後は、なぜか2日目に設定された「ウェルカムパーティ」で〆。まあ特別ゲストのスケジュールの関係で2日目になったようですね。

     

    とにかくセッションでの成果に大満足なDay 2でございました。

    posted @ 2014/11/05 17:13 by 初音 玲

    [Xamarin]AED検索 for Android (進捗ダメでーす)

    デザイン的なところにたどり着けない(進捗ダメでーす)。

     

    スプラッシュ画面で背景色を変えて、アイコンをセンター表示するのを同時にやりたい(進捗ダメでーす)。

    image

     

    本当はGridView表示にしたいんだけど(進捗ダメでーす)。

    image

     

    ここもやっぱりGridView表示に(以下、略

    image

     

    本当は等間隔じゃなくて、コンテンツ量に応じてListView1行分の高さ変えたい(進捗ダメでーす)。

    image

    本当は地図表示もしたいけど…(進捗ダメでーす)。

     

    Xamarin Formsで極力XAML側で定義しているのがいけないのか、そもそもXamarin Formsはまだ選択すべきじゃないのか、AXMLならなんとかなるのか、私の知識不足なのか、予断を許さない状況ですwwww

    posted @ 2014/11/04 17:07 by 初音 玲

    [GlobalSummit2014]シアトル Day 1

    やっと初日が終わりました。なんだか今年は充実しているのか既に何日かセッション受けたような充実感に包まれています。

    シアトルは西海岸沿いでも西にあるからか6時だとまだ真っ暗です。

    WP_20141103_001(1)

     

    グロサミの楽しみの1つは朝食のカリカリベーコン。なかなか日本ではお目にかかれない一品です。

    WP_20141103_003(1)

     

    昨日購入したのは、コレ。BLUというメーカーのHDという端末。

    WP_20141103_005

    1日使ってみましたがタッチの感覚がちょっとずれるときが感じられることもありましたが概ね良好。

    若干、大き目の一覧表とかでグラフィック周りが怪しそうな感じもしますが、致命的に気になるわけでもなし。

    これはいい買い物をしましたね。

     

    初日1個目のセッションを聞いて、俄然またMSテクノロジーが好きになりました。Visual Studio最高ですね。

    NDAが外れて皆さんの耳にもこの情報が届く日が来るといいですね。届く日来るのかな。

    いきなりお腹いっぱいなセッションになりましたが10時のおやつで当分とビタミンを補給してリフレッシュです。

    WP_20141103_006

     

    お昼は少なめに、サーモンおいしかったです。シアトルくると炭水化物をほとんど取らなくって肉とか魚とかが主食になるので、絶対、カーボンカットな生活になっていますね。

    WP_20141103_008

     

    そして3時のおやつ。果物三昧です。

    WP_20141103_010

     

    午後は自分のコンピテンシー以外のところで、他のコンピテンシーでも参加できるところも回りましたが、色々面白い経験ができそうな予感。

     

    そしてPG Dinner。Commonsという社食に各コンピテンシーごとにコーナーが作られてそこで同じMVP同士が交流するというパーティです。

    国別じゃなくて製品別なんですよ。

    今回のPG Dinnerの目標は

    1. MS本社の石坂さんとAEDオープンデータのお話をする
    2. 本VB担当だったらリサさんにご挨拶する
    3. Kinect担当者のBenにKinebrickEV3を紹介する

    というような目標を勝手に設定。直前のセッションを最後まで出ていたので若干スタートに間に合わない感じで会場に到着したら食べ物がほとんどなくwwww(だから、いまお腹空いてますw)。

    でも、リサとはタイミングが合いませんでしたが、石坂さんとお話もできましたし、Benさんにもお会いすることができました。

    「こんばんは、私の事、覚えている?」

    「おー、見たことある顔だ。こっちに来て座りなよ。今は何しているの?」

    「WindowsストアアプリなKinect 2アプリつくったよ。」

    「何て名前?」

    「Kinebrick!」

    「それ知っている!」

    ということでデモムービーみてもらって操作感説明したりして目的達成。

    しかし、Kinebrickといって特定されるとは思いませんでした。

     

    大満足で、お腹空いている2日目がこうしておわりました。おやすみなさい。

    posted @ 2014/11/04 15:31 by 初音 玲

    [WiX] V3.9 Released

    ネタ元:WiX Toolset v3.9 ReleasedWiX v3.9 released

    ということで、v3.9.1006.0 が Stable(安定バージョン) となりました。ということで、3.9 の開発はこれにて完了。

    Bobのところ(Joy of Setup)に、変更項目とかがずらっと並んでます。

    大小さまざまな機能追加も行われていますが、不具合修正も多数盛り込まれています。

     

    おそらく、3.x系はこれが最後になると思います。なので、現行構成のものについてはここまでが一区切り。

    4.x 系は新系統になっているので、非互換ではないけど、大きく様変わりする(予定)になってます。

     

    落ち着いたら、新バージョン導入して来年向けの備えを用意しないとなー。

    posted @ 2014/11/04 11:40 by とっちゃん

    [GlobalSummit2014]シアトル Day 0

    みなさん、こんばんは、現地時間は、2日の22:47です。日本だと3日の16時前でしょうか。

    毎回デルタで渡米していましたが、今年は全日空(ただし成田発)で渡米となりました。

    WP_20141102_004

     

    機内で見た映画は次の2本

    • Guardians of the Galaxy
    • All You Need Is Kill

     

    787の座席は足元が広くとても快適に過ごすことができました。

    出てきた食事はこんな感じ。

    ウェルカムドリンク

    WP_20141102_006

    晩御飯

    WP_20141102_007

    朝御飯

    WP_20141103_002

     

    途中、すんごく揺れたけど後半は揺れもせず気が付いたらタッチダウン。

    WP_20141103_004

    着陸寸前に2時間ほど寝ましたよ。これで夜まで戦えます。

     

    11月初旬のシアトルは都内で感じる秋よりもよっぽど秋っぽい風景になっています。

    WP_20141102_003(1)

     

    ベルビューのホテルに直行する前にマーケットに立ち寄るといういつものパターン。

    いつものようにピロシキピロシキでピロシキ+ボルシチにしようと思ったらボルシチがSOLD OUTでした。。。えー。。。

    WP_20141102_007(1)

     

    ベルビューも秋の装いですね。

    WP_20141102_010

     

    ホテルにチェックインしたら「ルームシェアの人はもうきているよ」といわれたのだけれど、あれ?ルームメイトのはずの日本のMVPさんってまだなんじゃと思いつつレジストも済ませたらベルビュースクエアーのMicrosoft Storeにレッツゴー。

     

    お目当てのMicrosoft Bandは電源ケーブルだけが大量に在庫しておりました(どうやら、19時過ぎに並ぶと整理券みたいなのを先着で私ていて翌日9時に買えたそうです。その分のケーブルだったんでしょうか)。

    WP_20141102_014

     

    HPがPreOrderしていたデスクトップは、液晶モニタと手前にプロジェクタ&センサースペースという感じで、スペースに置いたもの(複数のものをおいても重ならなければ別オブジェクトとして認識)を認識して取り込んだり、モニタから下にオブジェクトをスワイプすると下のプロジェクターの方に落ちてくるような感じのアニメーションをしていたりと色々楽しい操作感です。

    WP_20141102_016

     

    そして、このMicrosoft Storeで運命の子との出会いが。

    WP_20141102_028

    べ、べつに散在じゃないんだからねっ。Microsoft BandがSoldoutだったからその予算を回しただけなんだから、勘違いしないでよねっ。

    Windows Phone 8.1端末はこれで3台目だけど、べ、べつにいいじゃない!

     

    その他にもこんなバッグが。。。

    WP_20141102_026

    WP_20141102_025

    こ、ここまでは散財じゃないよ!

     

    で、散財しそうだったのがこのおもちゃ。電子回路とサーボモータを使った組み立てキットなんだけれど、パーツが基本的に立方体でつくられていてお互いに差し込めるようになっています。これ、もしセンサーとBluetoothかWiFiがあったら買っていたと思う。

    WP_20141102_020

    WP_20141102_021

    WP_20141102_022

    WP_20141102_023

    あぶないあぶない。

    そのあとはMVP Showcaseに顔を出してみました。

    何人かの方からAEDオープンデータださなかったの?ときかえれましたが、昨年の優勝チームなので出場できずwでした。

    でも本国のAzureチームとかWindowsストアアプリチームに取り組みを紹介したいなぁ。

    ことしもどこかで、MS石坂さんと会えたりするのかしら。

    Showcaseはまずは日本の2チームを激励。

    Friendlyの方はチラシをもって「Test automation library. this solution is between other process …….」のような感じでくばってくるといいかもと助言(昨年実績から)。

    QOOpaの方は、食べ物という最強コンテンツがあるのでそれを……したらどうかなーと、無責任に発言したりと。

    結果はPG Partyとかの直前には発表なのかなー。楽しみ。

    posted @ 2014/11/03 16:41 by 初音 玲

    2回目のADインフラ系セッション

    25日、.NETラボの勉強会でセッションを担当させていただきました。

     

    今回は 7月に発表した「Active Directoryドメインを作ってみよう(その1)」の続編です。

     

    セッションで使ったスライドです。

    Active Directoryドメインを作ってみよう ~ユーザーやグループの作成とPCのドメイン参加~

    http://www.slideshare.net/mitchin227/create-domainobject

     

     

    ブログ一覧

    http://www.pbyk.com/blog/bloglist.html

    posted @ 2014/10/27 23:44 by mitchin(mitchin@wankuma.com)

    [Codezine]WindowsストアアプリでComponentOne StudioのC1Mapsを使った例が公開されました

    Bing Mapsよりも使いやすい? ComponentOne Studioの地図コンポーネントでストアアプリを作ろう

    --

     Windowsストアアプリで地図を扱うときの王道は、Bing Map SDKを使用することです。しかし、Bing Maps SDKを使用する場合、プラットフォームとして「Any CPU」が選択できなくなるため、構成マネージャーで明示的にVisual Studioと同じx86プラットフォームを明示的に指定してデバッグ実行を行います。また、ストアに申請するときも、x86、x64、ARMの3タイプを同時に登録します。

     ComponentOne Studioの地図コンポーネントを使えば、このような煩雑は不要で「Any CPU」でデバッグ実行が可能です。

    --

    WindowsストアアプリでComponentOne StudioのC1Mapsを使った例になります。

    posted @ 2014/10/24 7:53 by 初音 玲

    [Kinect2]Kinect for Windows SDK 2が正式リリースされました

    http://blogs.microsoft.com/blog/2014/10/22/microsoft-releases-kinect-sdk-2-0-new-adapter-kit/

     

    もちろん、正式版SDKも無料で提供されます。

    ダウンロード:http://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=44561

    posted @ 2014/10/23 7:06 by 初音 玲

    [Kinect2]i和design-11/22PM Exhibition of Public Schoolに参加します


    11月22日 i和design-11/22PM Exhibition of Public School(東京都)

    --
    4 Sensor Technology × Education 開催場所:SCR 定員各回50名
    ①13:00-14:30、②15:30-17:00
    TMCNによるデモ(Oculus、フルーツキャッチ、触覚マウス、オーケストリオン、エアーシンセ、Kinect+Scratch、KineBrickEV3等)
    --
    Kinect2 + EV3であるKineBrickEV3をデモ展示します。

    小学生のお子様をお持ちの方、または、これから小学校にあがる予定のお子様をお持ちの方、学校教育とセンサーの関わりに興味のある方、ぜひご来場ください。

    posted @ 2014/10/21 15:31 by 初音 玲

    [Kinect2]メモ


    Leia Display System - promo video HD short version ...

    こーゆうのやってみたいのですよ。

    これ、どんなスクリーン使っているんだろう。

    posted @ 2014/10/20 10:23 by 初音 玲

    [Cloud]ニフティクラウドのLBでのHTTPSがプードル対策したようです

    SSLv3の脆弱性、いわゆるプードルアタックの対策としてはサーバー側でSSLv3を禁止しTLSに絞るという対策が必要です。

     

    クラウドの仮想マシン上でHTTPSの暗号/復号を行っているときは、例えば、

    のような対策が必要です。

     

    では、クラウドのインフラを使ってHTTPSを実現しているときはどうしたらいいでしょうか。

     

    これにはクラウドベンダー側の対応をまたなくてはならないですが、2014/10/17(金)夜の時点で、ニフティクラウドは提供しているロードバランサーでHTTPS化するサービスでSSLv3を禁止しました(コンパネ自体はなぜかまだ対応していないですがw)。

    この仕組みを利用してるサイトにSSLv3のみを許可したIE11で接続すると「[詳細設定] で SSL 3.0、TLS 1.0、TLS 1.1、TLS 1.2 を有効にして」とのメッセージが表示されて接続できません。

     

    一方、Microsoft Azure Mobile Servicesはまだのようです。

    SSLv3しか使えないところから接続できなくなるーというのもあるので判断は難しいのかもしれませんが、早急に対応してもらえるとうれしいですね。

    posted @ 2014/10/20 10:06 by 初音 玲

    わんくまLT

    18日、わんくま勉強会の LT で発表させていただきました。

    内容は Active Directory Domain の Group ~スコープと種類、所属可能なグループとメンバー~ です。

     

    LT で使ったスライドです。

    http://www.slideshare.net/mitchin227/group-40422613

     

     

    ブログ一覧

    http://www.pbyk.com/blog/bloglist.html

    posted @ 2014/10/19 20:37 by mitchin(mitchin@wankuma.com)

    グループのスコープの変更

    作成したグループスコープを変更したい場合は、そのグループのプロパティからスコープを選びます。

    ※すべての図はクリックすると新しいウィンドウで拡大図が表示されます。

    ChangeGroupScope

     

    ドメイン ローカルからグローバル、グローバルからドメイン ローカルへは直接変更できないので、その場合は一旦ユニバーサルに変更します。

    ですが、変更するスコープに 所属できないメンバーがいる場合は変更できません。

    所属可能なグループ、所属可能なメンバーを参照。

    例えば上の図は Development ドメイン ローカルグループなんですが、メンバーにドメイン ローカルグループがいると、ユニバーサルグループはドメイン ローカルグループをメンバーにできないので、次のように怒られてしまいます。

    ChangeGroupScopeError

     

    この場合は、メンバーのドメイン ローカルグループのスコープを先に変えるかメンバーから外します。

    運用的にはこんなことすることになることはないだろうし、なったらグループの設計をしなおすべきです。

     

    ブログ一覧

    http://www.pbyk.com/blog/bloglist.html

    posted @ 2014/10/18 14:44 by mitchin(mitchin@wankuma.com)

    IBMさんがシュタゲもってくるとか

    http://www.mugendai-web.jp/steinsgate/

    IBMさんがシュタゲもってくるとか、既にそっち方向を展開している企業さんの中の人で、そっち方向を毛嫌いしているだけじゃなく、そっち方向をがんばっている同僚をdisったり、妨害したりしている層はどうしていくだろう。
    もうこの流れは止められない。無理して融合する必要はないけど静観して自分のフィールドでがんばるのがいいと思う。そういうのが好きな層もいれば興味のない層もいるし嫌いだって層がいたっていい。重要なのは多様性の中でお互いを共助しあうこと。

    なぜ、無理に融合する必要ないか。
    それは、流れに乗れというだけで、愛亡きアプローチをしているところはどんどん淘汰されていくと思うから。ばれないと思うでしょ?ポーズだけなところとかポーズだけな担当者とかはもう見透かされているんですよ。
    なま温かい目で「ぁ~ぁ」と思われているんですよ。
    だから、本気で楽しまないと!そこに初めて相乗効果という価値がうまれるんです。

    そんな本気度ってなにもこの手のことにかぎらない。何かに本気になってみると、他の人の本気も見えてくる。つまりは本気になるって大切だよねと思うわけです。ときれいに〆てみました。

    posted @ 2014/10/16 13:52 by 初音 玲

    Windows Server 2012 R2と2003混在環境でのActive Directoryでの不具合

    Windows Server 2012 R2と2003のドメコン混在でハマるかも。

    Server 2003で組んだADにServer 2012 R2のドメコンを追加すると、数か月後ログインできなくなることがあると報告されています。

    (ボソ、Server 2012 R2を追加するような環境では、だいたいServer 2003は駆逐されていてるので個人的にはぶつかったことがありません^^;)

    詳しくは、マイクロソフト Network & AD サポートチーム公式ブログ をご覧ください^^/

    「Windows Server 2012 R2 と Windows Server 2003 の混在環境でのコンピューター アカウントのパスワードを変更した後にログオンできない」

    http://blogs.technet.com/b/jpntsblog/archive/2014/10/15/windows-server-2012-r2-windows-server-2003.aspx

    posted @ 2014/10/15 23:01 by ちゅき

    グループのスコープと種類

    所属可能なグループ、所属可能なメンバーのとこでグループのスコープと種類について少し書いたので、その説明を。

    グループの種類はセキュリティグループと配布グループの 2つがあります。

    セキュリティ グループはフォルダやプリンターなどのリソースへのアクセス権を設定するために使います。

    配布グループは Exchange Server でメーリングリストみたいにメールを一斉配信するためのユーザーをまとめる場合に使います。

     

    グループのスコープはビルトイン ローカル、ドメイン ローカル、グローバル、ユニバーサルの4つがあります。

    ビルトイン ローカルはクライアントPCやメンバーサーバーの「ローカル」に相当するもので、ドメイン内のドメインコントローラーで共有され、作成も削除もできません。

    ドメイン ローカルはユーザーやグローバル グループをまとめ、一般的にアクセス権の設定対象になります。

    グローバルはユーザーをまとめ、ドメイン内や信頼関係のあるドメインのドメイン ローカルグループのメンバーになります。

    ユニバーサルはドメイン内や信頼関係のあるドメインのユーザーやグローバルグループをまとめ、ドメイン ローカルグループのメンバーになります。

    所属可能なグループと所属可能なメンバーは、ドメインが 1 つの時は前回の表の通りですが、複数の時は次のようになります。

    スコープ別の所属可能なグループ
    対象のグループ 対象のグループが 所属可能なグループ
    ビルトイン ローカル なし
    ドメイン ローカル ドメイン内のドメイン ローカル
    グローバル フォレスト内のビルトインローカル
    フォレスト内のドメインローカル
    ドメイン内のグローバル
    フォレスト内のユニバーサル
    ユニバーサル フォレスト内のビルトインローカル
    フォレスト内のドメインローカル
    フォレスト内のグローバル
    フォレスト内のユニバーサル

    スコープ別の所属可能なメンバー
    対象のグループ 対象のグループに所属可能なメンバー
    ビルトイン ローカル フォレスト内のグローバル
    フォレスト内のユニバーサル
    フォレスト内のユーザー
    外部のセキュリティ プリンシパル
    ドメイン ローカル ドメイン内のドメイン ローカル
    フォレスト内のグローバル
    フォレスト内のユニバーサル
    フォレスト内のユーザー
    グローバル ドメイン内のグローバル
    ドメイン内のユーザー
    ユニバーサル フォレスト内のグローバル
    フォレスト内のユニバーサル
    フォレスト内のユーザー

     

    ドメインが 1 つの時はユニバーサルグループを使う必要は基本的にないですが、複数の時は使うことがあるかも・・・でも作る必要性はないかな~

    ユニバーサルグループとグローバルグループは上の表のような違いがありますが、他にもユニバーサルグループはグローバル カタログに登録される(複製の対象になる)ってとこが違います。

    ユニバーサルグループは最初に作ったドメインの Users コンテナーにる Enterprise Admins、Enterprise Read-only Domain Controllers、Schema Admins の 3 つだけです。

    ※クリックすると新しいウィンドウで拡大図が表示されます。

    UniversalGroup

    既定では Administrator(最初に作ったドメインの)が Enterprise Admins と Schema Admins のメンバーになってます。

    このグループはフォレスト全体に影響を与えるような処理に対する権限があります。

    例えばドメインを追加するとかサイトを削除するとかです。

     

    ブログ一覧

    http://www.pbyk.com/blog/bloglist.html

    posted @ 2014/10/13 0:54 by mitchin(mitchin@wankuma.com)

    [AED]会津若松福祉まっぷデータベースに不整合気づきからの間違い発見

    AEDオープンデータプラットフォームへのデータ投入を行っていると自治体さんの掲載しているデータに間違いがあるのを見つけることがよくあります。見つけた場合、極力連絡をして訂正していただいています。

    過去実績としては埼玉県さんのAEDデータで公開直後に2件ほどミスを発見したり、明らかにExcelにするときにコピペがずれてしまった自治体さんのデータをご連絡した時もあります。あと多いのは施設が閉鎖になったのに乗っているケースですね。

    では、どうやって見つけるのか。まるまる間違えているときはさすがに気づけない確率も(ただし閉鎖は分かる)あるのですが、なんとなく他と違う雰囲気があるのです。これ、ちゃんと分析ツールとかに入れると変化点として抽出できそうな感じです。実際、緯度経度のミスとか住所のミスとかはAEDオープンデータプラットフォームに投入するときにある範囲内に緯度経度がないのでマップ転記したら一目瞭然だったりします。

    これ、みなさなんが集めて頂いた(すでにその時点でご指摘頂いているときも多々あります)3万件近くのデータをワクワクしながら投入するという作業を行って身についてきた嗅覚なのかもしれないですね(笑)。

     

    で、タイトルにある件ですが、みつけたのはココ。

     

    会津若松福祉まっぷデータベースに不整合気づきからの間違い発見
    http://www.city.aizuwakamatsu.fukushima.jp/j/fukushi_map/data/list.html?code=235

     

    データベース上の記載:
    休業日:日曜・祝日・木曜午後
    営業時間:9時00分~18時00分(土9時00分~12時00分(その他)12時~14時の間休診 )

     

    該当施設のホームページの内容:
    平日    AM9:00~PM12:00 PM2:00~PM6:00
    休診日    日曜、祝日、木曜日
    (但し祝日含む週は診療します)

     

    営業時間に平日とかいてあるのに休診日に土曜日が含まれていないのが不思議なのですが、「http://kabasawa-dental-office.com/annai.html」の方では「平日」ではなく「通常」とあります。

     

    つまりデータベース上の記載は次のような記載になるはず。
    休業日:日曜・祝日・木曜(祝日含む週は診療します)
    営業時間:9時00分~18時00分(12時~14時の間休診 )

     

    これ、どこに連絡したらいいだろう。

    posted @ 2014/10/12 9:23 by 初音 玲

    [AED]AEDオープンデータプラットフォームのFoursquare連携機能を実証実験中

    AEDオープンデータプラットフォームの先行機能であるFoursquare連携を会津若松市のAEDに対して実証実験展開中です。
    まだ全件登録し終わっていませんが、ぜひ、お近くのAEDの写真をとってチェックインして貰えたらと思います。

    https://ja.foursquare.com/explore?mode=url&near=%E4%BC%9A%E6%B4%A5%E8%8B%A5%E6%9D%BE%E5%B8%82&q=AED

    posted @ 2014/10/10 10:11 by 初音 玲

    所属可能なグループ、所属可能なメンバー

    ドメインに組織単位(OU)、グループ、ユーザーを作成してユーザーをグループに所属させました。

    グループにはスコープと種類があります。

    スコープはビルトイン ローカル、ドメイン ローカル、グローバル、ユニバーサルの 4 つ、種類はセキュリティ、配布の 2 つがあります。

    フォルダなどに設定するアクセス権の対象になるグループを作るためにはグループの種類を「セキュリティ」にする必要があります。

    スコープの方ですが、ビルトイン ローカルはクライアント PC やメンバーサーバーの「ローカル」に相当するものです。

    おおまかにいうとビルトイン ローカルはドメイン ローカルと同じです。

    管理ツールでみると Builtin コンテナーにあります。ビルトイン ローカル グループを作ることはできません。

    ※すべての図はクリックすると新しいウィンドウで拡大図が表示されます。

    91-01Builtin

    Administrators グループのプロパティです。

    91-02Administrators

     

    今はドメインが 1 つなので、所属可能なグループと所属可能なメンバーは次のようになります。

    スコープ別の所属可能なグループ
    対象のグループ 対象のグループが 所属可能なグループ
    ビルトイン ローカル なし
    ドメイン ローカル ドメイン ローカル
    グローバル すべてのグループ
    ユニバーサル ビルトイン ローカル、ドメイン ローカル、ユニバーサル

    スコープ別の所属可能なメンバー
    対象のグループ 対象のグループに所属可能なメンバー
    ビルトイン ローカル グローバル、ユニバーサル、ユーザー、外部のセキュリティ プリンシパル
    ドメイン ローカル ドメイン ローカル、グローバル、ユニバーサル、ユーザー
    グローバル グローバル、ユーザー
    ユニバーサル グローバル、ユニバーサル、ユーザー

     

    例えばグローバル グループは、ドメイン内のすべてのグループに所属でき、ドメイン内のグローバル グループとユーザーをメンバーにできます。

     

    ブログ一覧

    http://www.pbyk.com/blog/bloglist.html

    posted @ 2014/10/05 20:06 by mitchin(mitchin@wankuma.com)

    [AED]Windowsストアアプリでの検索動作速度

     

    AEDオープンデータプラットフォームからどれくらいで最寄りAEDを検索できるかの目安となる動画です。

    0:03 起動開始

    0:05 GPS取得完了【現在位置確定)

    0:09 最寄りAED検索表示完了

    0:11 周辺AED検索表示完了

     

    GPS取得までの時間が電波状態により異なるかもしれませんが、最寄りAED検索に4秒、周辺AED検索に2秒という処理速度が実現できています。

    最寄りAED検索の時間の中にはMicrosoft Azure Mobile Servicesとの起動後初回接続時間が含まれているためと考えます。

     

    なお、最寄りAED検索も周辺AED検索も、AEDオープンデータプラットファーム側で実施しているため、AEDオープンデータAPIを呼び出している側で検索機能を実装する必要はなく、手軽に上記と同じ検索速度を実現することができます。

    posted @ 2014/10/04 3:05 by 初音 玲

    [AED]AEDオープンデータプラットフォームを事例として紹介頂きました。

    AEDオープンデータプラットフォームのデータ構造は経済産業省やIPAがワーキンググループで検討している「共通語彙基盤」に準拠しています。

    これはオープンデータという公共性の高いデータフォーマットは、できるだけ標準的なデータ項目とデータ構造で構築することで、手持ちのノウハウや知識の再利用性が高まり、項目の読み間違えなどが少なくなることで手間が削減し、本来時間をかけるべきアプリロジックに注力していただけるのではないかという思想が基本にあるからです。

    そのAEDオープンデータプラットフォームが、共通語彙基盤WGの第三回会合にて参考情報として取り上げて頂きました。

    第3回 共通語彙基盤ワーキンググループ | 共通語彙基盤

    資料2 コア語彙の検討状況(pdf)※最後のページになります

    「広域でのアプリ開発、データ共有が効率的に可能」

    AEDオープンデータプラットフォームをこれからもよろしくお願いします。

    posted @ 2014/10/02 21:50 by 初音 玲