DHJJ [Hatsune's Journal Japan] blog

Hatsune's Journal Japan blog

目次

Blog 利用状況

ニュース

最新ツイート

運営サイト

Hatsune's Journal Japan
DHJJ

著作など

資格など

OCP
MCP

書庫

日記カテゴリ

わんくま同盟

[hardware]MAVIC AIR

DJIのドローンは、業務用シリーズがPHANTOM 4、一般向けなシリーズがMAVICとブランドが分かれています。一般向けにはもっと小型のSPARKもありますが、本格的に使うならばMAVICを選択したいものです。

www.dji.com


現在、MAVICには、「PRO」と「AIR」に2つのタイプがあります。名前からするとPROの方が上位機種のように思えますが、2018年1月に発売されたばかりのAIRはPROに勝るとも劣らない機体であるといわれています。

スペック比較

それでは基本的なスペックで両者を比べてみましょう。

項目 MAVIC PRO MAVIC AIR
価格 129,800円 104,000円
重量 743g 430g
最大飛行時間 27分 21分
最大速度 65km/h (Sモード)
36km/h (Pモード)
68.4km/h (Sモード)
28.8km/h (Pモード)
最大伝送距離モバイルデバイス:80m
送信機:4000m~7000m
モバイルデバイス:80m
送信機:500m~4000m
カメラ 3軸ジンバル付き
1200万画素 1/2.3インチCMOS
3軸ジンバル付き
1200万画素 1/2.3インチCMOS
最大動画解像度 4K 30fps 4K 30fps
ビデオビットレート 60Mbps 100Mbps
動画伝送方式 OcuSync 拡張Wi-Fi
動画遅延 160~170ms 170~240ms
SDK あり あり


両社の大きな違いは、最大伝送距離と動画遅延になります。MAVIC PROはドローンを視界にとらえて操縦するだけではなくドローンが見えないくらいの距離であっても映像を見ながら操縦することを想定したスペックになっています。一方のMAVIC AIRはそこの部分は少しライトな仕上がりになっていますが、全体的な基本性能はMAVIC PROと同等といえるでしょう。

つまり、ドローンを視界にとらえられる範囲で楽しむならば、AIRというのは最善の選択になるかもしれません。

SDK

開発者ならば自分で飛ばすだけではなくプログラムにより操作してみたいと思うと思います。

https://developer.dji.com/mobile-sdk/

PROもAIRもSDKが用意されています。

SDKでできる機能としては

  • 上昇下降
  • 各種センサーデータの取得
  • 障害回避
  • カメラとジンバルのコントロール
  • ライブビデオストリーミング
  • 画像ストレージのアクセス
  • ウェイポイント、ホットポイント、フォローミー機能
  • バッテリーとリモートコントローラーのステータス表示と制御


SDKにはiOS用とAndroid用があるので、次回は、ダウンロードしたSDKをXamarinから使う方法を紹介したいと思います。

投稿日時 : 2018年6月20日 1:41

Feedback

No comments posted yet.
タイトル  
名前  
Url
コメント