DHJJ [Hatsune's Journal Japan] blog

Hatsune's Journal Japan blog

目次

Blog 利用状況

ニュース

最新ツイート

運営サイト

Hatsune's Journal Japan
DHJJ

著作など

資格など

OCP
MCP

書庫

日記カテゴリ

わんくま同盟

[NUI]中国の広州にいってきました

「食は広州にあり」

今回は、それを実感しました。


広州は気候も温暖だし、街の中心街しかいませんでしたが、そのあたりの治安は非常に良いですし、食べ物も日本人の口にもきっとあう(どこの国に行ってもその国の食べ物をおいしく食べちゃう人なので日本人の口に本当に合うか自信がない)と思います。

こちらの若者(お客様の試用期間中の方)とかもFateが好きだってことでFGOの話で盛り上がれますし、なかなかいい感じですよ。


街中には、いろいろなところで黄色やオレンジの自転車に乗っている人をみかけますが、これが噂の乗り捨て可能自転車ってやつですね。

駐輪ステーションだけではなく、そのあたりに止められている自転車でも、専用アプリに自転車についているバーコードをかざせば鍵が開いて課金開始、好きなところに乗りしてて鍵をかければ課金終了。

専用アプリには、利用距離、利用時間、消費カロリー、料金が履歴として表示されます。

乗り捨てた自転車は定期定期に駐輪ステーションに運んでいるようですが、運ばれる前であっても、そこから利用が開始できるのがすごいですね。これも高精度GPSが自転車に内蔵されているからできる芸当。

そして、鍵を外してから掛けるまでが課金範囲なので、乗り捨てたときに盗難されるというリスクを使う側が追わないでいいという安心感が重要だなーって思いました。

ほんと、これいいですね。


中国のビジネスのスピード感は、日系企業さんでも早くって、すごく心地いいですね。

ノウハウまねされるというリスクはあるしスピードも速いですが、同時に、マネするよりも「今でしょ!」とマネする間も惜しんでよいものだったら広めちゃえ!的な感覚もすごいあると思います。

日本の国内のスピード感だと「まってられないから仕方がなくマネしてでも手に入れる」ってのもあるんじゃないですかね。だから、スピード感で答えることができれば、いい感じなんじゃないかって思いました。

そして、まじめな人も不真面目な人もいるし、それぞれ優秀、つまり、まじめさ優秀、不真面目さも優秀という感じだし、自分の非を認めないのは共通しているので、だったら、まじめな人と組んで、非を認めさせるのではなくて、そちらが不利益になるよという話し方をするといろいろ捗ります。



それはそうとして、今回の出張で3日間一緒にお客様訪問などの対応してくれた現地社員さんは、150cmくらいでスレンダーでぱっつん前髪でメガネっ子でアニメ声という属性盛りの新卒現地採用の中国人女性で、ファッションなんかも日本での流行を取り入れているからか、街中とかで中国人の若者から「あ、日本の女の子だ」とかすれ違いざまに言われちゃう感じで、日本語も堪能だし、おいしいもの良く知っているし、非常に楽しかったです。

ただ、FateとかFGOの話しても乗ってこないので、ネコをかぶっているのかオタク趣味はないのか、ないならちょっと残念かな。チョコレート好きだってことは聞き出したので、次回訪問する機会があったら、チョコを差し入れてあげようかと思いました。

技術よりもマネージメントに興味があるらしいけど、能力もあって普段厳しいけど、チョコ食べるとほんわか笑顔で、骨付きチキンとかもきれいにおいしく食べたりするわけで、でもって、ドジっ子属性ついていたら、ほぼ、最強布陣なんじゃないかって密かに思いました。

すごいね!広州ということですね。

投稿日時 : 2017年12月9日 9:51

Feedback

No comments posted yet.
タイトル  
名前  
Url
コメント