Mr.Tの場所

特攻野郎Aチームじゃないよー

ホーム 連絡をする 同期する ( RSS 2.0 ) Login
投稿数  253  : 記事  0  : コメント  1608  : トラックバック  52

ニュース

  • 性別:男
  • 猫1:まる
  • 猫2:もろ
  • 猫3:にゃん左部郎
  • タバコ:男は黙ってJPS
[わんくま同盟] C#, VB.NET 掲示板

書庫

日記カテゴリ

Mr.Tです、こんにちは。

ウィルスバスター2008 On Vistaでぶつかった現象です。

環境:Vista Bussiness + ウィルスバスター2008

※迷惑メール対策の機能をONにしてあること

 再現手順は、次の通り。

  1. Windowsメールを起動
  2. ウィンドウが起動したら、終了
  3. 再度、Windowsメールを起動
  4. 起動できない

画面には、起動できないなどのメッセージもでません。

原因はすぐにわかったんですが、絶対おかしいと思う点は、以下のところ。

  •  Windowsメールを起動すると、迷惑メール対策ツールのCPU使用率が跳ね上がること。
    それが、5分ほど維持したりする。
     その間、メールの送受信などはしていないのに、である。
     起動するたびに、毎回これをやられる。
  • Windowsメールを終了させた場合、ウィルス対策機能のタスクが動いていると、Windowsメールの終了をブロックし、
    なおかつ、それを知らせているところがない。
    そのため、Windowsメールを起動しようとすると、まったく反応がない。

     実際のところ、起動できないわけではなく、1)で終了した(ウィンドウは消えている)Windowsメールが、
    まだタスク上には残っている。
     そのため、再度起動しようとしても、Windowsメールが起動できないように見える。

起動しているかどうか確認するには、タスクマネージャなどで見なくてはならない。

なにより、ウィルスバスター側で通知するようなものがまったくなく、動作的にはWindowsメールが終了したと思われても仕方がない。

探し方がわるかったのかもしれませんが、思ったよりもこの質問がころがってないですが...

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3659364.html
http://oshiete.homes.jp/qa3659364.html

 

とりあえず、この機能を使用しなければ上記の現象はおきませんでした。

もしくは、Windowsメールをずっと起動しておけばいいのかもしれません。

#それにしても毎回ってのが腹立つ。

投稿日時 : 2008年1月18日 10:53

コメント

# re: Vistaにウィルスバスター2008を入れているとWindowsメールが起動できない場合がある 2008/01/18 13:42 こじま
これと同じ話なのでは:
http://esupport.trendmicro.co.jp/supportjp/viewxml.do?ContentID=JP-2061440


# re: Vistaにウィルスバスター2008を入れているとWindowsメールが起動できない場合がある 2008/01/18 15:42 Mr.T
コメントありがとうございます。
リンク先を見てみたのですが、リンク先がまちがっていませんでしょうか?
http://esupport.trendmicro.co.jp/supportjp/viewxml.do?ContentID=JP-2062847

結局、仕様だということなんです。
おそらくそうだろうな、という予想はしてました。

まあ、ずっと起動しとけばいいんですがね>メーラ


# re: Vistaにウィルスバスター2008を入れているとWindowsメールが起動できない場合がある 2008/01/20 1:42 hjhj
じぶんも同じような感じを持っていたので、検索したところここがヒットしました

Post Feedback

タイトル
名前
Url:
コメント