Mr.Tの場所

特攻野郎Aチームじゃないよー

ホーム 連絡をする 同期する ( RSS 2.0 ) Login
投稿数  253  : 記事  0  : コメント  986  : トラックバック  52

ニュース

  • 性別:男
  • 猫1:まる
  • 猫2:もろ
  • 猫3:にゃん左部郎
  • タバコ:男は黙ってJPS
[わんくま同盟] C#, VB.NET 掲示板

書庫

日記カテゴリ

Mr.Tです、こんにちは。

これまで何台かXPへインストールしていたこともあって、特に悩みがでてきたことはなかったのですが、Vistaへのインストールは初めてでした。

とはいえ、ダウンロードしてから、SQLServerセキュリティ構成から、リモート接続の設定を行い、TCP/IPを許可したのだが、

クライアントPCからの接続ができない。

 

もちろん最初に疑ったのは、TCP 1433のファイアウォール設定。しかし、そもそも既定ではブロックした旨のメッセージが出てくるので、

とりあえず通しはしたものの、やはりつながらない。SQLBorwserのサービスも自動で起動するようにしてみたり、名前付パイプを無効に

してみたり、色々とやってみるが、無駄であった。

その際、SQLServer構成マネージャを開いて、プロトコルのプロパティ等を見て、他のPCとの違いを比較してみた。

 

すると、SQLEXPRESS プロトコルにある、TCP/IPのプロパティでは、IPALLの項目が動的ポートになっている。

IP ALLは、TCPポートか、動的ポートのどちらかを一度に設定できる項目である。それが動的ポートになっているのはなぜか?

というか、前にインストールしてリモート接続を許可したときには、特に問題なかったはずだ。

なぜ?と思いつつ、IPALLの動的ポートを空にして、TCPポートを1433に変更した。

 

問題なくつながってめでたしめでたし....名前付パイプを使用すれば最初から繋がったのかなぁと思わなくもないが。

#そういや、インストールしたSQLServer、プロパティページやらなんやらが全て英語で、あららー? と思ったのは内緒。
#ちゃんと日本語のページからダウンロードしてるし、ファイル名には、JAって入ってるし、問題ないはずなんだけどなぁ(^^;

投稿日時 : 2007年10月23日 17:24

コメント

No comments posted yet.

Post Feedback

タイトル
名前
Url:
コメント