たまに「じゃんぬねっと」が生存確認をする日記

しょーもない日記

ホーム 連絡をする 同期する ( RSS 2.0 ) Login
投稿数  982  : 記事  4  : コメント  53049  : トラックバック  277

ニュース

My Website

初心者向けのサイトです。

C# と VB.NET の入門サイト

社員募集中

社内 SE を募集中。採用は私の判断。保守は少なめで開発がメインのため、停滞思考の方はお断りします。開発に自信のある方だけメッセください。残業なし。もし発生したら残業代は全額支給。現在リモートワーク中。

モデル年収: 26歳経験3年450万。34歳経験11年620万。38歳経験17年850万 (ボーナス別)。

最近のできごと

東区で夢のマイホーム買いました。可愛い娘と息子と幸せな日々を送っています。

ゴリラは飼っていません(笑)

Sponsored Link1

Sponsored Link2

Archive

書庫

2013年4月1日 #

「Gears of War Judgement」は 2012 年 3 月 21 日に発売された Xbox360 専用ソフトです。ジャンルは TPS です。Xbox360 の代表作 GoW の最新作です。

初代の Gears of War ではマーカスたちは、コールと合流し、その後にベアードと合流していますが、Gears of War Judgement (審判) はそれよりもっと前の話で、ベアードたち「キロ部隊」の物語です。そしてキャンペーンモードはもうひとつあって、こちらは時間軸的には GoW3 のサイドストーリーのようです。

15 年前だからか知りませんが、ベアードと思えないほど性格がまともになっているよーな。Gears of War シリーズをプレイしている人なら知っているかと思いますが、ベアードは頭も良く、メカにも詳しく、そして強いのですが、なんというか皮肉屋で性格はあまり良くないです。最初はマーカスとも折り合いが悪かったです。実は幽霊が苦手という面白い一面もある面白いガイです。(性格については、マーカスもよっぽどだと思うけど。無線を一方的に切る時とか)。

Gears of War は基本的に初代からカバーアクション前提の TPS であり、当初から完成度が高く基本的な動作に変更はありません。大きな要素として「機密情報開示」証言によるストーリーのアンロックという点があります。開示すると武器の制限、弾薬の制限などが入り難易度がアップします。今作はベアードの裁判での証言をもとに行動を再現していくという形になっています。

また各チャプターごとにスコアリングされるのですが、前作までのような高難易度で死にまくっても最終的にクリアできていれば良いというゲーム性ではなくなっています。たとえば、ダウンするとスコアリングでペナルティを喰らってしまうのです。非常に緊張感のある立ち回りを要求されます。

前作に比べてキャンペーン中のやり込み要素が増えました。これを機会に Gears of War シリーズをぜひプレイしてみてください。

関連リンク

※ Microsoft MVP 向け“Gears of War: Judgemen”レビュー キャンペーンに参加し、本ソフトのレビューを行っています。

posted @ 1:19 | Feedback (1)