ちゃっぴの監禁部屋

ガチガチに締めすぎて動きがとれなくなる。。。

ホーム 連絡をする 同期する ( RSS 2.0 ) Login
投稿数  405  : 記事  5  : コメント  2248  : トラックバック  134

ニュース

記事カテゴリ

書庫

日記カテゴリ

Communities

Personal Information

Test でよくやることですが、新しい user を作っては試験しては壊し、作っては試験しては壊しってやりますよね。また、security 確保のため、一人で複数 account を使い分けるというのもありますね。その時、ガリガリ costomize していると、いちいち設定変更するのが面倒くさくてかないません。

というわけで、新しい user profile を作成したときでも costomize された状態にする方法を紹介します。

基本は下記で説明されている手順になります。

カスタマイズしたデフォルトのユーザー プロファイルを作成する方法

Windows Vista 以降では default user profile の path が "%USERPROFILE%\Default" に変更になっている以外、大きな違いはありません。

この方法を使ってもいいのですが、user profile を丸ごと copy することになるため、不要な設定がいろいろ入ってしまいます。そこで、直接 default user profile の registry を編集する方法をとります。

Default user profile の hive は既定で読み込まれていないため、まずこれを load する必要があります。

Registry Editor (regedit.exe) を開き、tree から "HKEY_USERS" を選択し、[ファイル] - [ハイブの読み込み] を実行。

[ハイブの読み込み] dialog box にて default user profile hive の path を指定。

これで、default user profile の registry を好き勝手にいじる準備ができました。

後は、好きなように costomize してください。

ただ、忘れていけないのは作業が終わったら必ず hive を unload すること。ちゃんと unload しないといつまでたっても unload されずに警告が上がります。

GUI での操作方法を示しましたが、command からも可能です。Reg.exeload, unload という option があるので、これを利用して batch file 等で自動化可能ですね。

まあ、そんなところで。

投稿日時 : 2009年3月15日 17:06

コメント

No comments posted yet.

Post Feedback

タイトル
名前
Url:
コメント