ちゃっぴの監禁部屋

ガチガチに締めすぎて動きがとれなくなる。。。

ホーム 連絡をする 同期する ( RSS 2.0 ) Login
投稿数  405  : 記事  5  : コメント  12720  : トラックバック  134

ニュース

記事カテゴリ

書庫

日記カテゴリ

Communities

Personal Information

昔は disk I/O だけ意識しておけばよかったんですけど、最近はそうでもなさそう。

シャドウコピーを有効に出来ない

Windows Server 2003 から使えるようになった Volume Shadow Copy Service (VSS)。これ非常に便利ですよね。ですけど、これ利用するためには disk 容量に比例して memory を相当消費するらしい。

Scalability Factors for Shadow Copies

う~む。結構食いますのぅ。10 TB くらいになると 32bit OS はっきりいって使えんやん。これから構築するなら間違いなく 64bit ですね。

File server の場合、disk I/O を削減するために memory を大量に積んで置くべきですしね。大容量の memory support はやっぱり必要でしょう。

そういえば以前から Windows Storage Server というのがありましたが、これ 64bit 版あるのかな~?と思いちょっと調べましたが、どうやら無さげ。なんでやねん! Windows Storage Server なんて file server 以外に利用しないんだから、真っ先に 64bit 化するべきだと思うけど。ついでに 2008 はまだ出ていないらしい。2008 は 64bit only でもいいんじゃない?

ということで、現在 Windows で file server を構築する場合、OS が利用する memory (利用する user の session 数を検討する必要あり) + VSS で見込まれる部分 + cache を考慮して見積もることになりますね。Memory は多めに積んどけば system cache で有効活用されるでしょうから、まあ現実的な費用の範囲内でできるだけ積んどけってことで。

ずっと memroy について書いてきましたが、CPU はどうでしょう。こちらは圧縮と EFS の利用状況によると思います。容量制限が厳しいと圧縮を使いまくりますね。これらを全く利用しないのであれば正直どうでもいいでしょう。

Disk は performance, 信頼性重視なら SAS。容量、価格重視なら SATA になるでしょう。最近は SATA でも hot plug に対応しているものが多いので、SATA という選択肢が増えてきましたね。

で、もち RAID にするのが当たり前ですが、費用面から一般的に RAID 5, RAID 6 を選択することが多いでしょう。RAID 5 を利用するか RAID 6 を利用するかは disk の本数により変わってきます。個人的には 8本あたりで使い分けるかな。

RAID 5, RAID 6 を利用する場合、software RAID は絶対にお勧めできません。Performance ガタ落ちです。安物ではなくちゃんとした array controller 利用しましょう。安物は本当の意味では software RAID になります。んまあ、普通に大手 vendor で server 手配した場合には問題ないですけど。

Performance を少しでも高めたいのであれば、disk の本数を増やしてください。RAID 5 で HDD 3, 4 本くらいでは、どんな array controller 積んでいても満足な performance 得られません。

投稿日時 : 2008年5月12日 23:37

コメント

# re: Tera Bytes 時代の file server 設計 2008/05/13 22:51 まーる
RAIDコントローラについては当然キャッシュメモリとバックアップバッテリ重要ですね。

EMCとかのSANストレージ+NASヘッドの場合ってメモリとかどうなってんでしょ?WindowsじゃなくてLinuxとかで動いてるからまた違うのかなぁ。

# re: Tera Bytes 時代の file server 設計 2008/05/14 0:13 ちゃっぴ
> RAIDコントローラについては当然キャッシュメモリとバックアップバッテリ重要ですね。

ですね。Chache memory は random write で威力を発揮しますし、backup battery が無いと RAID 崩壊の危険性が。。。

> EMCとかのSANストレージ+NASヘッドの場合ってメモリとかどうなってんでしょ?

この構成まともに扱って無いのでなんとも言えませぬ。

# re: Tera Bytes 時代の file server 設計 2008/05/14 0:26 まーる
なんかバックアップバッテリ積んでないとキャッシュがWrite ThroughになるRAIDカードもあるらしく、RAID5とかで激遅なものもあるみたいですよ。

うちの場合は統合StrageはEMCのSymmetrics(DMX)とCLARiX(CX)でNASヘッドにCelerra使っていて、ファイルサーバは拠点に分散配置せずに1カ所に置いてます。
そのかわりWAFS使ってます。



# re: Tera Bytes 時代の file server 設計 2008/05/14 2:19 ちゃっぴ
> なんかバックアップバッテリ積んでないとキャッシュがWrite ThroughになるRAIDカードもあるらしく、RAID5とかで激遅なものもあるみたいですよ。

ありますね。設定でいじれるのもありますが。

> うちの場合は統合StrageはEMCのSymmetrics(DMX)とCLARiX(CX)でNASヘッドにCelerra使っていて、ファイルサーバは拠点に分散配置せずに1カ所に置いてます。

実はここ数年 intranet に手を出していないんです。File server 構築することあっても、利用するのが DC 内なんで気にならないし。

Post Feedback

タイトル
名前
Url:
コメント