凪瀬 Blog
Programming SHOT BAR

目次

Blog 利用状況
  • 投稿数 - 260
  • 記事 - 0
  • コメント - 37345
  • トラックバック - 192
ニュース
広告
  • Java開発者募集中
  • 経歴不問
  • 腕に自信のある方
  • 富山市内
  • (株)凪瀬アーキテクツ
アクセサリ
  • あわせて読みたい
凪瀬悠輝(なぎせ ゆうき)
  • Java技術者
  • お茶好き。カクテル好き。
  • 所属は(株)凪瀬アーキテクツ
  • Twitter:@nagise

書庫

日記カテゴリ

 

「interfaceに物申す」 (1) (2) (3) は、public, protected, privateといったアクセス制御の修飾子によるカプセル化の限界を憂いたものです。

そもそもこれらの修飾子はクラスを境界としたカプセル化であるため、デザインパターンなどクラス群で表現されるモジュールの 内外の境界でのカプセル化には無力です。 Javaではパッケージプライベートというアクセス制御レベルも存在しますが、モジュール境界とパッケージ境界を一致させることが 現実的ではないことはご周知のとおりです。 こうしたクラス群で表現されるモジュールに対して、カプセル化を行うための新たな機能が求められているわけです。

そこでスーパーパッケージ(superpackage)という概念が提唱されました。 これはJSR 294として仕様の策定が行われており、Java7で搭載される見込みです。 (http://www.infoq.com/news/2009/01/java7-updated参照)

スーパーパッケージについては http://journal.mycom.co.jp/articles/2007/05/13/superpackage/ が比較的詳しいかと思います。

投稿日時 : 2009年1月7日 21:48
コメント
  • # re: 次世代のカプセル化手法
    επιστημη
    Posted @ 2009/01/08 0:42
    インスタンス毎のアクセス制限なんてのもあるよな気がします。
    八百えぴの旦那は自分とこのりんごの原価を掴んでるだろううけど、
    八百なぎで売ってるりんごの原価はわかんないよね、みたいな。
  • # re: 次世代のカプセル化手法
    凪瀬
    Posted @ 2009/01/08 11:42
    なるほど。そのシチュエーションは考慮したことなかったなぁ。
    インスタンスの内外という境界でのアクセス制限であれば、言語的には修飾子ひとつ追加すれば対応できそうですね。
  • # re: 次世代のカプセル化手法
    ちゃっぴ
    Posted @ 2009/01/19 0:25
    > インスタンス毎のアクセス制限なんてのもあるよな気がします。

    Blog にも書きましたが、それはより上の layer で分離すべきことでしょう。
タイトル  
名前  
Url
コメント