東方算程譚

Oriental Code Talk ── επιστημηが与太をこく、弾幕とは無縁のシロモノ。

目次

Blog 利用状況

ニュース

著作とお薦めの品々は

著作とお薦めの品々は
東方熱帯林へ。

あわせて読みたい

わんくま

  1. 東京勉強会#2
    C++/CLI カクテル・レシピ
  2. 東京勉強会#3
    template vs. generics
  3. 大阪勉強会#6
    C++むかしばなし
  4. 東京勉強会#7
    C++むかしばなし
  5. 東京勉強会#8
    STL/CLRによるGeneric Programming
  6. TechEd 2007 @YOKOHAMA
    C++・C++/CLI・C# 適材適所
  7. 東京勉強会#14
    Making of BOF
  8. 東京勉強会#15
    状態遷移
  9. 名古屋勉強会#2
    WinUnit - お気楽お手軽UnitTest

CodeZine

  1. Cで実現する「ぷちオブジェクト指向」
  2. CUnitによるテスト駆動開発
  3. SQLiteで組み込みDB体験(2007年版)
  4. C++/CLIによるCライブラリの.NET化
  5. C# 1.1からC# 3.0まで~言語仕様の進化
  6. BoostでC++0xのライブラリ「TR1」を先取りしよう (1)
  7. BoostでC++0xのライブラリ「TR1」を先取りしよう (2)
  8. BoostでC++0xのライブラリ「TR1」を先取りしよう (3)
  9. BoostでC++0xのライブラリ「TR1」を先取りしよう (4)
  10. BoostでC++0xのライブラリ「TR1」を先取りしよう (5)
  11. C/C++に対応した、もうひとつのUnitTestFramework ─ WinUnit
  12. SQLiteで"おこづかいちょう"
  13. STL/CLRツアーガイド
  14. マージ・ソート : 巨大データのソート法
  15. ヒープソートのアルゴリズム
  16. C++0xの新機能「ラムダ式」を次期Visual Studioでいち早く試す
  17. .NETでマンデルブロ集合を描く
  18. .NETでマンデルブロ集合を描く(後日談)
  19. C++/CLI : とある文字列の相互変換(コンバージョン)
  20. インテルTBBによる選択ソートの高速化
  21. インテルTBB3.0 によるパイプライン処理
  22. Visual C++ 2010に追加されたSTLアルゴリズム
  23. Visual C++ 2010に追加されたSTLコンテナ「forward_list」
  24. shared_ptrによるObserverパターンの実装
  25. .NETでマンデルブロ集合を描く(番外編) ── OpenCLで超並列コンピューティング
  26. StateパターンでCSVを読む
  27. 状態遷移表からStateパターンを自動生成する
  28. 「ソートも、サーチも、あるんだよ」~標準C++ライブラリにみるアルゴリズムの面白さ
  29. インテルTBBの同期メカニズム
  30. なぜsetを使っちゃいけないの?
  31. WPFアプリケーションで腕試し ~C++でもWPFアプリを
  32. C++11 : スレッド・ライブラリひとめぐり
  33. Google製のC++ Unit Test Framework「Google Test」を使ってみる
  34. メールでデータベースを更新するココロミ
  35. Visitorパターンで遊んでみたよ
  36. Collection 2題:「WPFにバインドできる辞書」と「重複を許す検索set」
  37. Visual C++ 2012:stateless-lambdaとSQLiteのぷち拡張
  38. 「Visual C++ Compiler November 2012 CTP」で追加された6つの新機能

@IT

  1. Vista時代のVisual C++の流儀(前編)Vista到来。既存C/C++資産の.NET化を始めよう!
  2. Vista時代のVisual C++の流儀(中編)MFCから.NETへの実践的移行計画
  3. Vista時代のVisual C++の流儀(後編) STL/CLRによるDocument/Viewアーキテクチャ
  4. C++開発者のための単体テスト入門 第1回 C++開発者の皆さん。テスト、ちゃんとしていますか?
  5. C++開発者のための単体テスト入門 第2回 C++アプリケーションの効率的なテスト手法(CppUnit編)
  6. C++開発者のための単体テスト入門 第3回 C++アプリケーションの効率的なテスト手法(NUnit編)

AWARDS


Microsoft MVP
for Visual Developer - Visual C++


Wankuma MVP
for いぢわる C++


Nyantora MVP
for こくまろ中国茶

Xbox

Links

記事カテゴリ

書庫

日記カテゴリ

気の利いたコトしたつもりが...の一例

勉強会お疲れさんでしたー のつづき、つかアフタケア。

LTは「TreeViewの全ノードを列挙する」てのを
再帰+yield で実装する五分間コーディング。

TreeViewにあるノード(TreeNode)を列挙してListBoxに流し込んだのんね。
フツーに書けば:

        private delegate void Action(TreeNode node);

       // TreeNodeのFullPathをListBoxに流し込む
        private void AddItem(TreeNode node) {
            listBox1.Items.Add(node.FullPath.Replace('\\', ' '));
        }

        // 列挙開始! 
        private void button1_Click(object sender, EventArgs e) {
            walk_tree(treeView1, AddItem); // TreeViewに対し「列挙しろ!」
        }

        private static void walk_tree(TreeView tree, Action act) {
            // TreeViewの持つNodeに対し「列挙しろ!」
            foreach (TreeNode node in tree.Nodes)
                walk_node(node, act);
        }

        private static void walk_node(TreeNode node, Action act) {
            act(node); // なんかして
            // その子Nodeに対して「列挙しろ!」
            foreach (TreeNode child in node.Nodes)
                walk_node(child, act);
        }

とまぁ、こんな感じになるっしょ。
再帰の末端でなんかしてます。
これを 再帰+yield 使って「呼び出されたその場でなんかする」よに
書き変えたわけっす。

      // 列挙開始! 
      private void button1_Click(object sender, EventArgs e) {
          // TreeView内の全Nodeに対し
          foreach ( TreeNode node in enum_tree(treeView1))
              AddItem(node); // なんかする
      }

      // tree内の全Nodeを列挙する
      private static IEnumerable<TreeNode> enum_tree(TreeView tree) {

          foreach (TreeNode child in tree.Nodes)
              foreach (TreeNode result in enum_node(child))
                  yield return result;
      }

      // nodeおよびその子Nodeを列挙する
      private static IEnumerable<TreeNode> enum_node(TreeNode node) {
          yield return node;
          foreach (TreeNode child in node.Nodes)
              foreach (TreeNode result in enum_node(child))
                  yield return result;
      }

これでなんかオイシイことがあるかっちゅーと、えーと...

投稿日時 : 2009年4月26日 16:20

コメントを追加

# re: 気の利いたコトしたつもりが...の一例 2009/04/27 9:48 菊池

>これでなんかオイシイことがあるかっちゅーと、えーと...

ビジターパターンですので、あーもする、こーもするという場合に列挙処理の詳細を集約できる事が美味しい点なんで、「なんかする」を一つに絞ってしまっては難も美味しい点は見えないかと。

# re: 気の利いたコトしたつもりが...の一例 2009/04/27 12:32 επιστημη

うん、せやけどフツー再帰版でも末端の"なんかする"の
とこではdelegateに着火してますの。

んだから「あーもする+こーもする」なメソッドいっこ
書いてdelegateとして引き渡せばやれちゃうの。

# 再帰+yieldなら「列挙の中断が楽」てのはあるかも。

タイトル  
名前  
URL
コメント