とっちゃん's Blog

WindowsInstaller に WiX はいかがですか~

目次

Blog 利用状況

ニュース

とっちゃんって?

コミュニティ

メーリングリスト

@ITの記事

CodeZineの記事

WiX チュートリアル

Windows ユーザー エクスペリエンス ガイドライン

唯一の日本語書籍

人気のほどは...

記事カテゴリ

書庫

日記カテゴリ

インストーラ関連

旧館

[Desktop App Converter] まずは、環境構築。

正式リリースも出たので、ぼちぼちと環境作るのもネタにしておきたいところ。記事として仕立てるには旬が短すぎるのがねーw

ということで、ざっくばらんに環境構築編。

まずは、開発環境の用意。雑記で上げたほかのツールはわかりませんが、Desktop App Converter 自身は、ちょっと野心的なつくりをしていて、Windows コンテナを利用しています。

そのため、動作条件が

  1. Windows 10 Anniversary Update 以上(Build14393以上) の Pro. または Ent. 版 の x64版
  2. Hardware-assisted virtualization and SLAT(Second Level Address Translation)対応の 64bit CPU
  3. Windows 10 SDK 1607 以上

と、若干ハードルが高い設定になっています。

1 が必要なのは、Windows 10 Anniversary Update(以後Win10-1607)で追加された Windows コンテナを利用するため。

そして、2が必要なのは、そのコンテナを動かすため。という形になります。

3は、コンバータ自身の機能ではなく、そこから呼ばれる appx にするツール(SDKに同梱)と、署名のためのツール類(こちらもSDKに同梱)のためというのが主な理由です。

もっとも、対象とするアプリ本体もWin10-1607以上での動作が前提なので、アプリの開発環境としても、SDKは必須ですがw

 

さて、実際に時効可能な環境を用意したら最初にやることは「Download Center を検索」して最新バージョンを探すこと。

コンバーター自身はストア版があるのでこちらを利用することもできますが、これとは別に BaseImages という、コンテナ上で使う専用のイメージを用意する必要があります。ちなみに、最新版にzip形式のコマンドラインツール(PowerShellコマンドファイル)もあります。

このブログ記事の公開時点での最新版(9/21版)には、14393(AnniversaryUpdate/IP Slow)、14915、14926、14931 の3つのIP向けと、1.0.0.0の zip版があります。

ここから、ベースイメージの該当版等々をDLしてきます。zip を展開する場合は、自分にとって都合のいい場所に展開しましょう(パスを切るなどは不要です)。

 

ここからは管理者アカウントが必要になります(パスワードを入れずに昇格すれば管理者になるアカウント)。

ストア版は管理者として実行、zip版はPSコンソールを管理者でオープンします(ISEでもOK)。

コンソールの場合は、展開先フォルダに移動して

DesktopAppConverter ?Setup ?BaseImage …\BaseImage-14xxx.wim ?Verbose

と入力して、コンテナのセットアップと wim のインストールを行います。

OSの確認、環境のチェックなどなどの後、Hyper-Vとコンテナのインストールを行います。インストール済みの場合はここはスキップ。

この時、環境によっては再起動が必要になります。以前は自動で再起動して継続してくれたんですが、正式版では自動リブートしないで、-NoRestart を付けた時と同じ状況になるので、手動で再起動していきます。

再起動してログインすると自動的にスクリプトが継続実行されるので、必要に応じて再起動しつつ終了を待ちます。

Hyper-Vも含めるとコンテナのセットアップにざっくり10分くらいはかかるので(もちろん環境によるのでもっと速いマシン(5分もかからない)もありますしその逆もあります)、気長に待ちます。

筋トレ でもいいのですが https://developer.microsoft.com/ja-jp/windows/bridges/desktop あたりを眺めているとよいでしょう。

と、ここまで来てようやく準備完了。おっと。。。SDKをインストールしていない場合はSDKもインストールします。

Visual Studio 2015 以上を持っている場合は、Update3を適用して SDK Tools 1.4.1 を導入しましょう。

これでやっと準備が完了です。ちなみに、あれこれないと本気で一日くらいかかってしまいます。

投稿日時 : 2016年9月23日 14:20

コメントを追加

No comments posted yet.
タイトル  
名前  
URL
コメント