中の技術日誌ブログ

C#とC++/CLIと
VBと.NETとWindowsで戯れる
 

目次

Blog 利用状況

ニュース

自己紹介

東京でソフトウェアエンジニアをやっています。
お仕事大募集中です。
記事執筆や、講師依頼とかでも何でもどうぞ(*^_^*)
似顔絵 MSMVPロゴ
MSMVP Visual C# Since 2004/04-2013/03

記事カテゴリ

書庫

日記カテゴリ

00-整理

01-MSMVP

KB紹介:マシンのSIDを付け替えて、マシンを複製する

この文書の最新版は
http://naka.wankuma.com/site/column/windowsxp/00006.htm


Virtul PCやVirtual Serverといった仮想マシン管理ソフトでPCをセットアップすると仮想ハードディスクという形でディスクを簡単にやり取りできるようになります。

vhdをコピーして、仮想マシンを用意すれば複製できるんじゃないの?と思うかもしれませんが、ここでSIDが問題になってきます。

Windowsは内部でSID(Security ID)というもので、コンピュータを一意に管理しているためです。

ドメインにアクセスしたりすると

指定されたドメインの名前またはセキュリティ ID (SID) はそのドメインの信頼情報と矛盾します。

などとエラーが出ます。

SIDはWindowsのインストール時に確定する為vhdをコピーしても本当のクローンが出来上がるだけで 、同時にドメインに参加させたりしようとすると不都合が出てきます。

@it:sysprepで環境複製用のマスタ・イメージを作成する
http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/win2ktips/553sysprep/sysprep.html

Sysprep を使用してコンピュータをエンド ユーザーに出荷できる状態に復元する方法
http://www.microsoft.com/japan/windowsxp/pro/using/itpro/deploying/restore.asp

KB302577:Sysprep ツールを使用して Windows XP の展開を自動化する方法
http://support.microsoft.com/kb/302577/ja

関係しそうなリンクは上記のとおりですが簡単に説明します。

  1. sysprepをCDからコピーする
  2. sysprepを実行する

  3. シャットダウンするので起動する
  4. インストールと同じ作業を行う

以上は既にvhdをコピーしてしまった場合のやり方で、これから作業を行うのであれば、3のシャットダウンの結果をコピーするとよい

投稿日時 : 2005年8月28日 20:41

コメントを追加

No comments posted yet.
タイトル  
名前  
URL
コメント