東方算程譚

Oriental Code Talk ── επιστημηが与太をこく、弾幕とは無縁のシロモノ。

目次

Blog 利用状況

ニュース

著作とお薦めの品々は

著作とお薦めの品々は
東方熱帯林へ。

あわせて読みたい

わんくま

  1. 東京勉強会#2
    C++/CLI カクテル・レシピ
  2. 東京勉強会#3
    template vs. generics
  3. 大阪勉強会#6
    C++むかしばなし
  4. 東京勉強会#7
    C++むかしばなし
  5. 東京勉強会#8
    STL/CLRによるGeneric Programming
  6. TechEd 2007 @YOKOHAMA
    C++・C++/CLI・C# 適材適所
  7. 東京勉強会#14
    Making of BOF
  8. 東京勉強会#15
    状態遷移
  9. 名古屋勉強会#2
    WinUnit - お気楽お手軽UnitTest

CodeZine

  1. Cで実現する「ぷちオブジェクト指向」
  2. CUnitによるテスト駆動開発
  3. SQLiteで組み込みDB体験(2007年版)
  4. C++/CLIによるCライブラリの.NET化
  5. C# 1.1からC# 3.0まで~言語仕様の進化
  6. BoostでC++0xのライブラリ「TR1」を先取りしよう (1)
  7. BoostでC++0xのライブラリ「TR1」を先取りしよう (2)
  8. BoostでC++0xのライブラリ「TR1」を先取りしよう (3)
  9. BoostでC++0xのライブラリ「TR1」を先取りしよう (4)
  10. BoostでC++0xのライブラリ「TR1」を先取りしよう (5)
  11. C/C++に対応した、もうひとつのUnitTestFramework ─ WinUnit
  12. SQLiteで"おこづかいちょう"
  13. STL/CLRツアーガイド
  14. マージ・ソート : 巨大データのソート法
  15. ヒープソートのアルゴリズム
  16. C++0xの新機能「ラムダ式」を次期Visual Studioでいち早く試す
  17. .NETでマンデルブロ集合を描く
  18. .NETでマンデルブロ集合を描く(後日談)
  19. C++/CLI : とある文字列の相互変換(コンバージョン)
  20. インテルTBBによる選択ソートの高速化
  21. インテルTBB3.0 によるパイプライン処理
  22. Visual C++ 2010に追加されたSTLアルゴリズム
  23. Visual C++ 2010に追加されたSTLコンテナ「forward_list」
  24. shared_ptrによるObserverパターンの実装
  25. .NETでマンデルブロ集合を描く(番外編) ── OpenCLで超並列コンピューティング
  26. StateパターンでCSVを読む
  27. 状態遷移表からStateパターンを自動生成する
  28. 「ソートも、サーチも、あるんだよ」~標準C++ライブラリにみるアルゴリズムの面白さ
  29. インテルTBBの同期メカニズム
  30. なぜsetを使っちゃいけないの?
  31. WPFアプリケーションで腕試し ~C++でもWPFアプリを
  32. C++11 : スレッド・ライブラリひとめぐり
  33. Google製のC++ Unit Test Framework「Google Test」を使ってみる
  34. メールでデータベースを更新するココロミ
  35. Visitorパターンで遊んでみたよ
  36. Collection 2題:「WPFにバインドできる辞書」と「重複を許す検索set」
  37. Visual C++ 2012:stateless-lambdaとSQLiteのぷち拡張
  38. 「Visual C++ Compiler November 2012 CTP」で追加された6つの新機能

@IT

  1. Vista時代のVisual C++の流儀(前編)Vista到来。既存C/C++資産の.NET化を始めよう!
  2. Vista時代のVisual C++の流儀(中編)MFCから.NETへの実践的移行計画
  3. Vista時代のVisual C++の流儀(後編) STL/CLRによるDocument/Viewアーキテクチャ
  4. C++開発者のための単体テスト入門 第1回 C++開発者の皆さん。テスト、ちゃんとしていますか?
  5. C++開発者のための単体テスト入門 第2回 C++アプリケーションの効率的なテスト手法(CppUnit編)
  6. C++開発者のための単体テスト入門 第3回 C++アプリケーションの効率的なテスト手法(NUnit編)

AWARDS


Microsoft MVP
for Visual Developer - Visual C++


Wankuma MVP
for いぢわる C++


Nyantora MVP
for こくまろ中国茶

Xbox

Links

記事カテゴリ

書庫

日記カテゴリ

Visual Studio 11 から本気出す! WPF with C++/CLI



レビューやらせていただきましたよ。
んで、せっかくだから「周回遅れにもほどがあんぞヲイ」なWPFに手を付けます。
いやね、Visual Studio 11でよぅやっとC++/CLIのインテリセンスが復活してくれたんで、
マンドクセーことやる気になったっちゅーのが本音。
てかさ、WPFアプリケーションてばC++の出番ナシなのが癪に障るんで、
ひな形生成だけをC#にやらせ、残りはぜーんぶC++/CLIで書いてみるココロミ。

おためしにこしらえたのは毎度毎度のカウンター。
「3.2.3 視覚的デザインツールの利用」にあったMVVMをほとんどそのままパクらせてもらいました。

<Window x:Class="DataBindingSample.MainWindow"
        xmlns="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml/presentation"
        xmlns:x="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml"
        Title="データ バインディング サンプル" Width="193" SizeToContent="Height" Height="157">
    <StackPanel>
        <TextBox Text="{Binding Count}" FontSize="36" FontWeight="Bold" TextAlignment="Center" />
        <Button Content="+" Command="{Binding IncCommand}" />
        <Button Content="-" Command="{Binding DecCommand}" />
    </StackPanel>
</Window>

XAMLはこんな↑カンジね、表示とボタンをそれぞれ CountとIncCommand/DecCommandにバインドしてます。
以降C#からはしばらくオサラバ、C++/CLIでCLRクラスライブラリを用意して参照させます。
ViewModel がコレ↓

#ifndef MAINWINDOWVIEWMODEL_H__
#define MAINWINDOWVIEWMODEL_H__

namespace DataBindingSample {

  public ref class MainWindowViewModel : public System::ComponentModel::INotifyPropertyChanged {
  public:
    property int Count {
      int get();
      void set(int value);
    }

    virtual event System::ComponentModel::PropertyChangedEventHandler^ PropertyChanged;

    void attachCommand(System::Action<Object^>^ inc, System::Action<Object^>^ dec);
    void Update(int count);

    property System::Windows::Input::ICommand^ IncCommand 
      { System::Windows::Input::ICommand^ get(); }
    property System::Windows::Input::ICommand^ DecCommand 
      { System::Windows::Input::ICommand^ get(); }

  private:
    int _Count;
    System::Windows::Input::ICommand^ incCommand;
    System::Windows::Input::ICommand^ decCommand;
  };
 
}

#endif

attachCommandでView(のIncCommand/DecCommand)からModelに、
UpdateでModel(のカウント値変更)をViewに飛ばします。

カウンタ本体:Counter と ViewModelに接続するための CounterModel はそれぞれ:

#ifndef COUNTER_H__
#define COUNTER_H__

namespace DataBindingSample {

  public ref class Counter {
  public:
    void inc();
    void dec();
    int count();

  private:
    int count_;
  };

  public ref class CounterModel : Counter {
  public:

    // Model→ViewModel
    event System::Action<int>^ CountUpdatedHandler;

    // ViewModel→Model 
    property System::Action<Object^>^ Increment { System::Action<Object^>^ get(); }
    property System::Action<Object^>^ Decrement { System::Action<Object^>^ get(); }

  private:

    void Notify();

    void inc(Object^ dummy);
    void dec(Object^ dummy);

  };

}

#endif

CountUpdateHandlerとIncrement/Decrement がViewModelとの接続ポートになってます。

んでもって MainWindow, MainWindowViewModel, CounterModel をがしゃがしゃ繋ぐトコ
をC#側にねじ込みます。 MainWindowViewModel と CounterModel は App のstaticメンバ
にしちゃいました。

/* 
 * App.xaml.cs
 */
using System.Windows;

namespace DataBindingSample {

  public partial class App : Application {

    public static MainWindowViewModel ViewModel {
      get { 
        if ( viewmodel_ == null )
          viewmodel_ = new MainWindowViewModel();
        return viewmodel_;
      }
    }

    public static CounterModel Model {
      get {
        if ( model_ == null )
          model_ = new CounterModel();
        return model_;
      }
    }

    public static MainWindowViewModel viewmodel_;
    public static CounterModel model_;
  }

}

/*
 * MainWindow.xaml.cs
 */
using System.Windows;

namespace DataBindingSample {

  public partial class MainWindow : Window {
    public MainWindow() {
      InitializeComponent();
      this.DataContext = App.ViewModel;
      App.ViewModel.attachCommand(App.Model.Increment, App.Model.Decrement);
      App.Model.CountUpdatedHandler += App.ViewModel.Update;
    }
  }

}

C++/CLI側の実装(.cpp)は割愛。ソリューションまるごとうpするから読んでやって。

白状すればMVVMってハジメテなの。おもきし我流だし。ガスガス突っ込んでやってくだせ。

投稿日時 : 2012年4月28日 23:51

コメントを追加

# re: Visual Studio 11 から本気出す! WPF with C++/CLI 2012/04/30 18:39 かずき

あえてC#にしてみました!
http://d.hatena.ne.jp/okazuki/20120430/1335753978

タイトル  
名前  
URL
コメント