とっちゃん's Blog

WindowsInstaller に WiX はいかがですか~

目次

Blog 利用状況

ニュース

とっちゃんって?

コミュニティ

メーリングリスト

@ITの記事

CodeZineの記事

WiX チュートリアル

Windows ユーザー エクスペリエンス ガイドライン

唯一の日本語書籍

人気のほどは...

記事カテゴリ

書庫

日記カテゴリ

インストーラ関連

旧館

[Desktop App Converter] VC++ ランタイムを共有 appx としてリンクする

このブログでもずいぶん前にちらっと紹介した、VC++ ランタイムを共有APPXとして設定する方法を改めて。

公開当初はDesktopAppConverter 側が対応していなかったのですが、公開後のバージョン(0.1.24)から、自動取り込みに対応しています。

対応にはあらかじめランタイムパッケージ情報をセットアップしておく必要があります。

具体的には

から自分が必要なパッケージをDL&インストールする必要があります。

これらをインストールしたら、あとはmsi(exeでもよい)で、必要バージョンのVCランタイムのマージモジュール(中途半端でも検出してくれます。優秀ですw)をセットするか、Bundle やVSIの必須コンポーネントなどを利用して同時インストールするインストーラを用意してコンバートするだけです。

ちなみに、上記ランタイムがインストールされている環境で、コンバート時にモジュールを見つけると

AppxManifest.xml の Dependencies 項目が

<Dependencies>
  <TargetDeviceFamily Name="Windows.Desktop" MinVersion="10.0.14393.0" MaxVersionTested="10.0.14393.0" />
  <PackageDependency Name="Microsoft.VCLibs.140.00.UWPDesktop" MinVersion="14.0.23810.0" Publisher="CN=Microsoft Corporation, O=Microsoft Corporation, L=Redmond, S=Washington, C=US" />
</Dependencies>

という感じになります(上記はVC14での例)。

簡単ですね。

 

一応。。。このブログエントリーを書くときに確認した範囲では、上記リンクより新しいバージョンはリリースされていませんでした。

投稿日時 : 2016年9月28日 16:07

コメントを追加

No comments posted yet.
タイトル  
名前  
URL
コメント