Ognacの雑感

木漏れ日々

目次

Blog 利用状況

書庫

ギャラリ

大都市近郊区間の大回り乗車

鉄道マニアには、常識なんだそうですが、東京、大阪、新潟、福岡の周辺では、大都市近郊区間という領域があり、
その区間内では、出発点と到達点が一筆書きルートで乗車出来る区間は、最短ルートの料金で良いという制度があります。
東京参照
http://do-yo.at.webry.info/200601/article_36.html
大阪参照
http://omawari.gozaru.jp/
このように、環状線や山手線などループ線以外でも、一筆書きでループを形成する経路は有ります。
さすが東京近郊は、Loop形成の種類が多いので、色々楽しめそうです。
大阪近郊も、近江塩津が含まれるので、琵琶湖一周130円の旅が可能です。和歌山や柘植もLoop内です。

適用条件は、
・同じ駅、同じ区間を二度通らない
・有効期間は一日。
・途中下車しない。

同じ駅を通れないというのが厳しいのですが、避ける手もあります。
電車に乗っているのが苦にならない人向けなのですが、じっくり読書や、ボケーッと思考したいときに最適だと思うのです
。喫茶店で1時間以上粘るのは、気がきけます。電車に座って、作業すると意外と集中できます。
仕事先で、中途半端に時間が余ると、大回りルートで、時間と座席を確保し、作業場所として使わせて貰ったことも度々。
事前に時刻表のチェックは必要です。上記の引用先にも書かれてますが、琵琶湖北部の近江塩津周辺は、1時間に1本しか電車が無かったりして、辛い目に嵌ることもあります。
和歌山まで行って、奈良に上る時も、時刻表チェックは不可欠です。 とってもローカルなのに、大都市近郊に含まれるのが面白い点です。 合法で長時間の旅ができるので、青春18切符は期間が決められますが、大回り旅行だと、残り時間に合わせたルートで楽しめるので、楽しみが多いです。
(*) 大回り乗客が増えると、赤字要因だと指摘されそうな気もしますが、粋なルールだと思ってます。

投稿日時 : 2009年4月28日 0:42

Feedback

# http://www.burberryfactory.com/バーバリー-マフラー-c-4.html 2012/11/06 15:31 バーバリー マフラー

今日は~^^またブログ覗かせていただきました。よろしくお願いします。

タイトル  
名前  
Url
コメント